OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 6冊目の韓流模試

<<   作成日時 : 2012/03/25 12:48   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

※(ネタバレとネガティブな内容を含みますのでご注意を)

画像


かなり難易度が高いのは知っていたのですが、正に「怖いもの見たさ」
で取り組んでみました。

確かにPart7の文書量は多く、選択肢もかなりひねってあります。

48問を解くのに、60分以上かかります。

しかも、3回チャレンジ法の2回目、つまり時間無制限、辞書を引きながら
でも正解が特定できない問題がいくつもあります。

難易度だけで言うと、これまで最難だったトマト本のTEST8-10をはるかに
上回っています。

TEST3まで頑張って解いたのですが、この模試は中断することにしました。

今の自分の実力には合わなさ過ぎるのと、
ちょっとTOEICの範囲を逸脱しているかなと思いました。

例えば、"death" とか "drug"なんて単語は良い子が住んでるTOEICの世界では
ダメなんじゃないかな?しかも正解の選択肢に入ってるし。。


結局、頑張ってTEST3まで解いたのですが、中断することにしました。


この本から学べたものは、問題を難しくするテクニックです。

例1)

DPの設問で、「下の文書には無くて、上の文書に書かれている事は?」
というのがありました。

これを解くのは、時間がかかるんですね。

上の文書(有る) :下の文書(無い) は正解ですが、

上の文書(有る) :下の文書(有る) は不正解なんですね。

しかも、4つの選択肢はどれも微妙なので、正しいかどうかの判定と、
有る、無いを読み分けないと正解が選べ無いのです。


例2)

設問 : Yukoが取ると予想される行動は何ですか?

で、本文をいくら読んでもYukoが出てこないのです。

これをどうやって解くかというと、上の文書(議事録)の参加者のところに、

Y.Ohshima

って、書いてあるんですね。。

そして、Y.Ohshimaが会議で提案した事が書いてある。

これに気がついた人は相当嬉しいでしょうけど、
ほとんどの人は激怒でしょうね。はは。



この模試、一人で地味にやると相当苦しいですが、
オフ会でみんなでワイワイやりながら解くと楽しいかもしれませんね。

「これって、ありなのー?」

「ありえねーーー!」

なんて、盛り上がること必至です。



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6冊目の韓流模試 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる