OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS TOEIC Part7の正解率を上げるためにやらなければならない事

<<   作成日時 : 2012/03/25 08:39   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

先日のIPテストでPart7のDPで迷った問題があったんですね。

正しいのはどれかという設問で、選択肢は、

A) 明らかに誤答
B) 本文でははっきりと書かれていない事を述べている
C) 文脈的には正解
D) 明らかに誤答

となっていました。

かなり迷ったのですが、最後はBを確信を持って選んで、
TBRを聞いて確認したところBが正解でした。

(M2先生がこのセットの中で最も難し問題だと言っていました)


正解の根拠は本文中であるキーワードが複数形になっている点で、
Bの選択肢が正しくなるのです。

つまり、複数形の "s" 一文字が正解の根拠


では、なぜ正解を選べたのかを振り返ってみたのですが、それは、

見直しの時間にじっくり解き直したからなんですね。

今更ながらですが、これが今回の気づきのポイントなのです。


200問解き終えて、20分余っていたので、この問題に戻ってから、
BとCの選択肢を意識しながら、本文をじっくりと読んだので、
正解の根拠を見つけることができたのです。

Part7で正解率を上げるのはこれなんだなと、気が付いたのです。

時間を余らせて、根拠が明確じゃない問題をじっくりと解き直す。


設問と、正解の候補になる2つの選択肢を頭に入れて、本文をじっくりと
読み直すと、かなりクリアにポイントが見えてくる
んですね。

Part7の正解率を上げるには、語彙力、速読能力を上げることが重要ですが、
テスト中にやるべき事として、あやふやな問題の見直しはものすごく重要です。


今までは、余った時間を有効に使えてなかったと思います。
200問解いた後は、集中力が途切れて、思考停止状態になりますからね。

でも、今回の成功体験をもとにして、余った時間こそが目標達成にとって
重要な時間なのだと思えるようになったことで、公開テストでも
余り時間の有効活用ができそうな気がします。




*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、おはようございます。

TOEICブロガーとしては、設問の記号は片側カッコではなく、両側カッコとしたいところです(笑)

(A) ○
A) ×

本題ですが、僕は今のところ見直す時間がないので、その問題を解くときに出来る限り根拠を見つけ出せないとアウトな状況です。そのために、正解根拠のパターンをできる限り事前に把握しておきたいのですが、

「設問は本文でははっきりと書かれていない事を述べていて、本文中の単語が複数形の場合に正解になりうる」

というパターンに非常に興味があります。
何か例題で良いのですが、ご教授いただけないでしょうか?

別のブログで、また一線を越えたと聞きました。報告楽しみにしています。Hで始まる赤い本があれば連絡ください。お役に立てればと思います。
うみぶたきっく
2012/03/25 09:55
OJIMさん、こんにちわ

ぬり恵さんの記事の補足ありがとうございました。

ところで韓流模試、何買われたんですか?
OJIMさんのレビューが、読みたいです。
DIO
2012/03/25 10:08
うみぶたきっくさん、

>TOEICブロガーとしては、設問の記号は片側カッコではなく、両側カッコとしたいところです(笑)

トーイッカーとして、「カッコ」悪いところをお見せしてスミマセンでした^^;
修正しておきますね。

>何か例題で良いのですが、ご教授いただけないでしょうか?

多少内容を変えて、日本語で解説しますね。

転勤をする予定の女性が、上司にあてた感謝の手紙の中にこんな一文があります。

「オジムさんは、私を昇進させてくださいましたよね」

(B)オジムは優子を複数回昇進させた
(C)オジムは優子を教育する義務があった

手紙の中で優子はオジムの事を褒めちぎっていて、オジムさん無くしては今の私はない、くらいの事を述べているので、オジムは優子を育てたはずなので、(C)を選びたくなるのですが、どこにもそれは書いてないんですね。

で、良く見てみると、昇進(promotions)と複数形になっているので、2回以上昇進させたことが分かるのです。

お分かりいただけたでしょうか?

>別のブログで、また一線を越えたと聞きました。

情報が早いですね!

>Hで始まる赤い本があれば連絡ください。お役に立てればと思います。

ありがとうございます。
ブログで素晴らしい活動されましたね!
今回は、Rのみでしたので、いずれ機会があれば
よろしくお願いします。
OJiM
2012/03/25 20:43
DIOさん、

>ぬり恵さんの記事の補足ありがとうございました。

どういたしまして。
私の情報は2次情報なので、確信がありませんでしたが、
DIOさんに確かな情報を補足していただいきましてありがとうございました。

>ところで韓流模試、何買われたんですか?

到着したら、写真と共に公開しますね。
その前にいくつかUP予定の記事があるので、
しばらくお待ちください。
OJiM
2012/03/25 20:47
OJiMさん

ご回答ありがとうございます。
つまり本文は名詞の複数形を使い、設問には頻度を表す副詞を使って、意味を一致させているということですね。

参考になりました。

ETSの問題でもこのように読み込む必要があるとなるとあなどれませんね。HACKERSクラスではないでしょうか?本文と設問の一致のさせ方のパターンを、模試を多く解いて増やす必要があると改めて実感しました。

PS
敦子の卒業ネタを楽しみにしています。寿退社の設定ですか?・・とハードルを上げておく。
うみぶたきっく
2012/03/26 20:50
うみぶたきっくさん、
少しでも参考になったのであえれば嬉し限りです^^

>ETSの問題でもこのように読み込む必要があるとなるとあなどれませんね。

はい、そう思います。
記事で取り上げた問題も、ポイントだけ書くと、
なんてことはなさそうな感じがしますが、
時間の無い中で見つけるのはかなり難しいです。
TBRを聴くと分かるのですが、ある満点講師の方でさえも、これは読み返さないと解けないと言っています。
つまり、一回目の速読では事実上、見つけられないという問題も存在するということかなと。。

>敦子の卒業ネタを楽しみにしています。寿退社の設定ですか?・・とハードルを上げておく。

タイムリーなツッコミをありがとうございます^^
敦子と優子はセットなので、どうしようかと
悩み中です・・
OJiM
2012/03/27 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOEIC Part7の正解率を上げるためにやらなければならない事 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる