OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Part2は誰が聞いているのか?(その2)

<<   作成日時 : 2012/02/11 10:38   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

封印していたはずのTOEICネタでしたが、
前から一度話してみたいテーマに思わず反応してしまいました。

オ「Part2はAが話しかけて、Bが答えるというのが原則だよね。

この聞き方として、自分がAから話しかけられているように聞く、
すなわちBに成りきって聞くという方法が推奨されているけど、
ある時それは自分には合っていないと気がついたんだ」



A → B(自分)


オ「誰だか分からない相手から、しかもどんな場面かも分からないで、
突然話しかけられる人になりるというのは相当なプレッシャーだよ。

それに、自分の答えとBの答えが必ずしも一致しない場合もあるからね。

そこで、僕は第三者の視点で、AとBの会話を聞くようにしたんだ」



A → B
  ↑
(自分)


オ「左にA、右にBがいて、その間で会話を聞いている自分をイメージする。

その方が、自然に会話が耳に入ってくるような気がするし、プレッシャーも少ない。

客観的になれるからAを聞き逃した時のリカバリーもしやすいんだ」



テーブルナプキンにペンで図解をしながら一気に話し終えると、
我ながら素晴らしい説明だなと思い、優子の反応を待った。

優「オフィスでも私と敦子が話しているのを耳をダンボにして聞いてますもんね」

オ「うーーん、そんなことないよ」

優「ほら、また、あいまいな答えですね!」



Part5は、ペースを乱されたまま終了でした。


優「私はたぶん、Bになりきって聞いた方がすんなり聞けるかなー」

オ「じゃあ、実際にやってみようよ。僕が話かけるから反応してみて」

オ「Why don't you go out to another bar?」
(もう一軒、いかない?)

優「definitely !」
(もちろんです!)


Part6はパーフェクト。

残すは、課題のPart7です。

(つづく)



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ojimさん、呑みに行きましょう。
がんちゃん。
2012/02/11 19:51
がんちゃんさん、

何か意味深なお誘いですね(笑)
男子会でもやりますか!
楽しみです。
OJiM
2012/02/12 01:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
Part2は誰が聞いているのか?(その2) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる