OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 入門ビジネス英語(2008年版)完了報告(その2)

<<   作成日時 : 2011/09/24 16:36   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

【音読のやり方について】

2年間、このテキストを使った音読をやり続けて中での最大の
気付きは、念仏のような音読をいくら繰り返しても意味が無い
という事です。

本当に全く意味が無いのかどうかを検証することはできない
ので、あくまでも感覚的なものですが。



音読のやり方については、いろいろ試行錯誤してきました。

筆写を入れてみたり、1つのスクリプトの繰り返し回数を
増やしてみたりもしました。

そういった試みは、「念仏のような意味の無い音読にならない」、
自分にとって最も効果的な音読のやり方を見つけるための
チャレンジだったと思います。

そして、たどり着いた1つの結論が、

話者のキモチになって音読をする

ということでした。



実際にやってみるとすぐに分かるのですが、
話者のキモチになって音読するというのは意外に難しいのです。

気をつけていても、ついつい文字を追ってしまったり、
気が散ってしまって「念仏音読」になってしまいます。

そして、そもそもキモチが込められない英文があることに
気が付きます。

少し難しい語彙、構文が使われているとキモチを込めて
音読することは絶対に出来ない
のです。



その為に、私は音読に加えて、シャドーイングやオーバーラッピング
を混ぜて、音や語彙のつながりを自分の腹に落とすようにしました。

それでも、腹に落ちない英文はあります。
それをどうしたか。

暗唱を取り入れたのです。

これによって、私の音読の質はぐんと変わったのを実感しました。

暗唱を取り入れる前とは決定的に違うと言ってもいいでしょう。

暗唱できるくらいスムーズに読めるようになっておくことで、
話者のキモチを再現するのに100%集中できる
からです。


この暗唱が音読にもたらす効果とそのメカニズムについては、
少し理論的に考えた仮説があるので、整理がついたら披露
したいと思います。



最後にたどり着いた音読の具体的な方法を記して、
この項を終わりにしたいと思います。

 2つのスキットを2週間継続して音読をする

 1日に1つのスキットを10回音読する。

 1回目   : シャドーイング
 2〜3回目 : オーバーラッピング
 4〜5回目 : 暗唱
 5〜10回目: 速音読





*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、おはようございます。
事後報告ですみませんが、弊ブログでも取り上げさせていただきました。一つ質問させてください。話者のキモチを読みとろうとすると、なぜこのような返答なのだろう、なぜここは過去形なのだろうとか、いろいろな疑問がわいてくることはありませんか? そのような疑問がわいた時どのように解決していますか?

「暗唱が音読にもたらす効果とそのメカニズム」の発表楽しみにしています!!
Yuta
2011/09/25 09:17
Yutaさん、
いつも大切なところでコメントありがとうございます。

>事後報告ですみませんが、弊ブログでも取り上げさせていただきました。

格調高いYutaさんのブログで取り上げていただいて光栄です。

>話者のキモチを読みとろうとすると、なぜこのような返答なのだろう、なぜここは過去形なのだろうとか、いろいろな疑問がわいてくることはありませんか?

あります。いっぱいあります。
単語レベルでも「なぜここでこの単語が」というのがいっぱりあります。

そのギャップを放置しておく事こそが、いくら音読しても、多読をしても英語が聞けない、読めない理由の根本的な原因であるとさえ思っています。

>そのような疑問がわいた時どのように解決していますか?

まずは自分で考えます。
話の流れを追い、辞書を引き、文法を調べます。
それでも腹に落ちない場合はいくらでもあって、
音読、シャドーイング、オーバーラッピングなどを
繰り返すうちになんとなく感覚的に分かる場合もあります。
分からない場合もあります。
それに暗唱をする。
それでも、分かることも、分からないこともあります。

自分の頭の中にある気付きを「話者のキモチ」と表現しましたが、今回の記事では上手く伝えきれていないと思います。

もう少し、考えを整理して、披露したいと思いますので、その際にはまたご意見ください。
OJiM
2011/09/25 21:27
おはようございます。

私も暗唱は必要だと思います。
暗唱ができてこそ感情を入れることができる。使えるようになる。と思います。

私も方法を確立しなければならないと思っています。
arbee
2011/09/28 06:33
arbeeさん、
コメントありがとうございます。

>暗唱ができてこそ感情を入れることができる。使えるようになる。と思います。

暗唱のメリットはこれに凝縮されていると思います。
さらに付け加えると、暗唱は手ぶらでできるので、
歩きながらとか、電車をまつ間とか、
1分あればトレーニングが出来るということでしょうか。

>私も方法を確立しなければならないと思っています。

arbeeさんは普段から基礎的、本格的なトレーニングを普段からされているので気付かないうちに方法を確立できているのかもしれませんよ^^
OJiM
2011/09/28 20:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
入門ビジネス英語(2008年版)完了報告(その2) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる