OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 【GW2011大型企画】 私の模試本の使い方(その2)

<<   作成日時 : 2011/05/05 22:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

私が模試本に興味がわかなかったのは、

「答え合わせをした問題を何度も解くってどーなの?」

と、実は思っていたからです(汗)


模試の解き方としては、ヒロ前田先生の「3回チャレンジ法」
というのがあるのは知っていました。

また、BEYOND990セミナーでは、模試を解いた後の
有効なトレーニングの方法を習いました。


それでも、やはり腹の底に落ちていなかったんでしょうね。
理屈では分かっていても、何かモヤモヤしていました。


でも、そのモヤモヤがすっと晴れたのがこの本でした。



Amazonアソシエイト by 新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この本のP9『学習の手順』の「じっくり前進型」を読んで、

なーるほど、そうやるのか

と思ったのです。

( 引用できませんが、たった1つの文です )


それを参考にしながら、私が今現在実践をしている模試本の
使い方を公開します。


【 1周目 】

時間を測って普通に解きます。

本番で使う腕時計の時刻を1:00にセットして、
マークシートを使います。

本番と同様に、Part5の先解きや、見直しなどをして、
ガチでスコアを取りにいく解き方をします。

だいたい、土曜日の午前中に解きます。

解き終わったら、答え合せをせずに2周目に入ります。


【 2周目 】

1周目の記憶が残っている土曜日の午後が多いです。

全問を全て真面目に解き直すのは疲れます。無理です。

なので、自信のある問題は1周目にマークした選択肢を
確認する程度にとどめます。

でも、自信の無いリスニングの問題は、繰り返し音声を
聞き直して納得いくまでやり直します。

リーディングパートは知らない単語が出てきたら辞書を引いたり、
参考書を読んだりして正解を選びます。

1周目と違う答えを見つけたときは、1周目のマークは残したまま、
2周目のマークを付けていきます。

2周目に要する時間は約3時間。

もうクタクタです

でも、答えを知らない状態で行うこの3時間こそが、
自分の弱点を補強し、気づきを与えてくれる時間
であるという
実感があります。

まさに、至福の3時間。別腹のスイーツタイム。
(飲んだ後のソフトクリームはたまらないよね〜)
画像


私が最近、模試本にハマっているのはこの時間を味わいたい
と思うようになったからなのです。

ここでようやく答え合せをして、1周目と2周目の正答数を出します。

(つづく)


*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あっ、その2がUPされてる。
ありがとうございます(*^^*)
監督が3時間かかるなら
あたしは何日かかるんだろうか(涙)
のん
2011/05/05 23:31
>2周目に要する時間は約3時間。
>もうクタクタです
>でも、この3時間こそが、…
>まさに、至福の3時間。別腹のスイーツタイム

はじめまして。keikeikeiです。
別腹のスイーツタイムには、感動しました。ちょっと吹いちゃいました。(^u^)

私は4時間でも終わりません。本当にクタクタです。でも、明日からは、別腹のスイーツタイムを思えば元気に乗り越えられそうですよ。

ありがとうございました。
keikeikei
2011/05/06 01:31
OJiMさん、こんにちは。

この記事読んで、なんだか私もTOEICやりたくなってきてしまいました。

>2周目に要する時間は約3時間。

>もうクタクタです

このクタクタ感をちょっとだけ味わいたい・・。

といいつつ、ホントは集中したあとの
ソフトクリームを味わいたいだけかもしれません^^;

でも、久しぶりに、こんなふうに1周め、2周めと、
集中してじっくり
TOEIC模試を解いてみたくなりました!
yuki
2011/05/06 17:42
のん様、

こちらこそありがとうございます(Mキャラ風)

>監督が3時間かかるなら
あたしは何日かかるんだろうか(涙)

確かに、模試を1セットやりきるのは大変だけど、
超リアル模試みたいに質の高い模試本は、
何日もかけてやるだけの価値はあると思いますよー。Let's try !!
OJiM
2011/05/06 21:00
keikeikeiさん、

ようこそ&初コメントありがとうございます!

>別腹のスイーツタイムには、感動しました。ちょっと吹いちゃいました。(^u^)

そういうコメントを頂くのが、
私のブログの無上の楽しみなので、
本当にどうもありがとうございます!

>私は4時間でも終わりません。本当にクタクタです。

つまり、既に実践済みなんですね!すばらしい!
私が3時間でやれるのは、スルーする問題と、見直す問題をかなり割り切ってしまっているからなのかもしれません。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
OJiM
2011/05/06 21:05
yukiさん、

>この記事読んで、なんだか私もTOEICやりたくなってきてしまいました。

おっと、ついにTOEIC復帰宣言ですか!

大歓迎です。
しばらくブランクが空いてしまっているので、

「yukiのどん底からの這い上がりTOEIC日記」

みたいなのを期待してます^^

>といいつつ、ホントは集中したあとの
ソフトクリームを味わいたいだけかもしれません^^;

ちょっ、、なんすかそれ??
OJiM
2011/05/06 21:10
OJiMさん、
こんばんは!

模試をやると、すぐに答え合わせしたい衝動
に駆られますが、そこをぐっとこらえて、
他力を借りてでも目の前の問題に根拠をもって辿りつけるかという過程が大事なんですよね。

セミナーノートを読み返しました。

最近TOEIC模試をやっていない自分ですが、これを5月TOEIC前に実践して少しでも力をつけて望みたいと思います。

その3も期待してます!
Roger
2011/05/06 21:10
Rogerさん、

>他力を借りてでも目の前の問題に根拠をもって辿りつけるかという過程が大事なんですよね。

そうですね、ココ重要です。

「あ〜、解答が見たい〜」
「ちら見したい!」

という欲望を抑えて、なんとか自分で解ききってみる。それで正解できればよし。その結果、間違った答えを導きだしてしまったとしても、そうすることで自分の弱点が浮き彫りになれば、次から対処の仕方がわかりますもんね。

5月の公開は受けられるんですね。
共にがんばりましょ!
OJiM
2011/05/06 21:20
OJiM's監督 こんにちは
むむむむむー さすが 同じ感想です
ゲゲゲも実感していました(2009年7月)
ぼくこのご本ではありませんが
老後のためにTOEIC900を
取っておこう、と2009年4月にお勉強開始で
たまたま、じーっくり本屋をみて
新TOEICテスト「直前」模試3回分
ロバート・ヒルキ、ボール・ワーデン、ヒロ前田
をかいました(いま眼力に感心(じぶんで感心するとPRしないほうがいいのですが 監督ならいいです)
でちゃんと3回やったら7月に885なってー
ほんきになっちゃったので効きますね
監督のご実感のとおりです
ここにちょこっとかいてあります、ゲゲゲ
2010-06-23 20:54:09
ゲゲゲ750から970への勉強1 
ご一緒さん(^ ^)/
岡村ゲゲゲ
2011/05/06 21:30
900点、そしてそれ以上を目指そうとがんばっている学習者にとって、非常に有意義な企画だと思います。
100%僕たちのやり方が参考になる学習者は存在しませんが、こうしてTIPSを少しでも良いので伝えたいという心意気が最高です。
HUMMER
2011/05/07 01:45
岡村ゲゲゲさん、

そうですか、最初の出会いが「直前模試3回分」だったんですね!きっとTOEICとの幸せな出会い方だったんでしょうね^^

私はこの本、持っているのですが、まだ解いていません。でも、模試本の楽しさが分かってきたので、近いうちにチャレンジしようと思っています。

ちなみに、私のTOEIC本との最初の出会いは「中村澄子が教えるTOEICテスト スコアアップ131のヒント」でした。

この本に出合えたのも、幸せでした

いつもブログ読ませていただいています。予想問題ありがとうございます。ポチさせていただいてますよ〜。
OJiM
2011/05/07 18:00
HUMMERさん、

>900点、そしてそれ以上を目指そうとがんばっている学習者にとって、非常に有意義な企画だと思います

そうおっしゃっていただけると励みになります。ありがとうございます!

模試本というのは、そもそもかなりハードルの高い教材だと思います。200問というのはかなりの問題数ですし、様々な難易度の問題がごちゃまぜになってますからね。全然、万人向きじゃないですね。

私がこの記事で書きたかったのは、自分なりに工夫をすれば、「模試本を解く面白さ」や「模試本から得られるものもの」を多くの人に伝えたかったのです。

また機会があれば続編を書いてみたいと思っています。
OJiM
2011/05/07 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
【GW2011大型企画】 私の模試本の使い方(その2) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる