OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 第155回 TOEIC公開テスト AM分析

<<   作成日時 : 2010/07/31 13:25   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

L:470 ( 100 , 95 , 83 , 95)
R:435 ( 88 , 94 , 78 , 96 , 93 )

リスニングパートの誤答数は、
Part1&2が4問、Part3&4が3問でした。
過去の履歴を調べたところ、Part3&4は自己ベストでした

ちなみに、リスニングがボロボロだった154回では、
Part3&4の誤答数は13問。わずか1ヶ月間の間に
受けたテストで実に、10問の差がありました。

では、154回の問題が難しかったのでしょうか?
平均点を比べてみました。

154回 Lの平均点 315.8 標準偏差 85.1
155回 Lの平均点 319.9 標準偏差 84.4

わずかながら、154回の方が難しかったと言えなくもない
ですが、495点満点のテストの4.1点は1%未満であり、
誤差の範囲
でしょう。

では、着座位置の差によるものでしょうか?

154回 中央列、前から3番目 (距離 約2m)
155回 中央から右3列、前から7番目 (距離 約5.4m)

音の大きさは距離の2乗に反比例するので、
仮に反射や回り込みの条件が同じだったとすると、
155回の方がかなり小さな音を聞いていたことになり、
着座位置の違いでないことが分かります。

私は聞き取りが苦手な単語の出現頻度の差と、
状況把握のしやすさの違いだと感覚的に思っています。

こういう事をテスト後に検証する機会を与えてくれないのが
TOEICの足りていないところですね

リーディングの方はPart7の時間が足りず、NOT問題や
infer問題を塗り絵しながら解いていったので、78という
スコアが残ってしまいましたが、こういうのは直視しない
で忘れるに限りますね


あ〜久々に理系っぽい記事を書いたらスッキリした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOEICテスト初挑戦のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1127と英熟語322 |甲斐 幸治
TOEICテスト初挑戦のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1127と英熟語3... ...続きを見る
どうなんでしょうか
2010/08/04 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第155回 TOEIC公開テスト AM分析 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる