OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS hay fever 【花粉症】

<<   作成日時 : 2010/01/23 18:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

花粉症の薬をもらいに耳鼻科に行ってきました。
今年で発症してからほぼ30年目です。

TOEICはたかだか3年で人に多くを語ることは出来ませんが、
花粉症は発症のメカニズムや対策の種類と流行など
多くの事を語ることができます。

私がたどり着いたおススメの対策は、
花粉が飛散する前に医者の薬を飲むことです。

医者の薬をおススメするのは保険が効くというコストの面と、
新しく開発された薬を処方してもらえるからです。

昔は花粉症の治療薬というと強烈に眠くなるのが難点
でしたが、年々改良され眠くならない薬が開発されました。
第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるものです。

今では色んなタイプの薬があるので、早く自分に合った薬を
見つけるのがポイントです。
効き目には個人差があるようで、実際に服用してみてその結果
を医者にフィードバックしながら見つけていきます。

関東地方は例年、2月上旬から本格的に花粉が飛び始める
のですが、今年は何となく早そうなので、今日耳鼻科に行って
薬をもらってきました。

・アレグラ 60mg
・アラスミスト点鼻液 27.5μg
・パタノール点眼液 0.1%


アレグラとパタノールはここ数年のお気に入り
アラスミストは新しく発売になったもので今年の効き目が楽しみ

毎年、3月のTOEICは花粉症対策が上手く行っているかがスコア
に大きく影響するので、3月受験の方は早めの対策をおススメします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私は子供の頃からアレルギー体質で、鼻炎歴30年以上です(笑)
それが気管支炎として出たり、湿疹として出たりするので、困りものです。
(ここ1年半ほど咳が止まりません)
第二世代抗ヒスタミン薬というのがあるのですか。
上記はいずれも初めて知った薬ですので、大変興味があります。また効果の記事を載せて下さいね。
cozymoon
2010/01/25 21:51
cozymoonさん、
>鼻炎歴30年以上です(笑)
負けました

花粉症の薬は様々な薬が開発されていますが、耳鼻科で処方する際には効き目が「強い」か「弱い」かだけの基準で分けているようです。
ただ、効くか、効かないかというのは相当な個人差があります。なので、処方された薬を控えておいて、効き目を医者にフィードバックして「自分に合う薬」にめぐり合えるまでいろいろ試してみるのがいいと思います。

自分に合う英語勉強法をいろいろ試すのと同じでなかなか楽しかったりします。
OJiM
2010/01/26 07:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
hay fever 【花粉症】 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる