OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 「伝わる英語」習得術 理系の巨匠に学ぶ レビュー

<<   作成日時 : 2009/08/30 12:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3



Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


習得術というタイトルに惹かれて、いわゆる英語学習の技術的な
解説を期待をしても本書は応えてくれません。
また、理系の巨匠ならではの英語習得のプロセスが明らかに
される訳でもありません。

あえて言うならば、巨匠であるがゆえに、英語、あるいは英語学習
に対する客観的な距離の置き方がタイトル的だと思いました。

インタビューを受けた理系作家の海堂尊はこう言ってます。

「僕は基本的に、英語なんて喋れなくても大丈夫だと思っているんです。」

あらまっ?

この本に登場する6人の巨匠が共通して語っているのは、
英語で話す中身が大切だと言う事です。

中身というのは、コンテンツもそうですが、ユーモアや歴史観など
にも及んでいます。

中身が大事というのはよく言われている事ではありますが、
ついつい英語を学ぶテクニカルな面に走ってしまう私にとっては、
あらためて何のために英語を学ぶのかを再考させられる
一冊となりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
30日で英語耳になる方法
今日は、「30日で英語耳になる方法」についてお話したいと思います。 私もこの方法... ...続きを見る
厳選電子ブック
2009/09/18 12:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 監督、今日は一日雨模様、♪私の心も雨模様ということで、先日は井上陽水の番組のお知らせが遅くなってしまいごめんなさい。再放送の日をお知らせしたいのですが、いまのところないようです。(とほほ)
レビューありがとうございました。本書を買って、学生に読んでもらいたいなどと考えていたものですから。とりたてて購入する必要もないかと。何事においても早道ってないのですね。
自分で学ぶ過程で、わかることってほんとうに印象深いし、身につくと思っています。
 今パート3、4の暗記をしていますが、似通ってセンテンス・パターンがよく出てくるので、発見もありますし、やはり文法や構文の知識がないと聞けない、もちろん速解できないところもありますね。はじめての暗記ですが、やはりやってみてよかったです。細々とでも続けていくこと、英語に関連することであれば何でもつながっていると信じつつ、エッセイみたいなものを書いたり、英字新聞を読んでひたすら投稿するなんて、好きな道に走っているのも無駄ではないのかもしれません。Elic ClaptonやRod Stewardなんかをガンガンかけて、サビだけでもCDといっしょにあわせるなんていうのも続けていきます。
それでは。




レヴューありがとうございます
2009/08/31 14:55
監督、直前のコメントはあかつきでした。失礼しました。
あかつき ちか
2009/08/31 14:57
あかつきさん、
>今日は一日雨模様、♪私の心も雨模様
真面目な方かとお見受けしていましたが、こういうお茶目な面もおありになるのですね??いや、本当に雨模様でしたらゴメンナサイ。

さて、私のレビューが参考になったかどうかは自信がありませんが、本質は英語で話す中身を充実させる、つまり自分を磨くことが大事だということだとを読み取れました。なのでコメントに書かれているエッセイや英字新聞への投稿というのも自己表現を豊かにする勉強になるんでしょうね。

ちなみに、
>Elic ClaptonやRod Stewardなんか
このあたりも私のストライクゾーンです。
OJiM
2009/08/31 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
「伝わる英語」習得術 理系の巨匠に学ぶ レビュー OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる