OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 出張3日目

<<   作成日時 : 2009/05/28 15:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は日本側の考え方を説明し、US側のエキスパートの意見を聞く日でした。

日本「・・・・・の条件では、・・・・・とする方法が最良だと思います」
外人「Well , I would ・・・・・」
(う〜ん、私だったらこういうふうにするよ・・・・・)

なるほど、wouldってそういう流れで使うんだぁ!
その外人の意見の内容よりも、wouldの使い方に感心したのでした。
wouldは助動詞なので、この場合省略してもコンテキストから意味は通じます。でも、「私だったら」という気持ちが伝わりません。また、willにしてしまうと意味が違ってきてしまいます。

このようにある状況を共有できた中で、その状況を表現するのにふさわしい単語や、表現を結びつけていく体験というのは最高の学習方法なのだなあと再認識しました。普段そういう体験は出来ないのですが。

さらに、ミーティングの最後に「全体を通じて何かありますか?」と尋ねると、「It's sensible !! 」と、返答が返ってきました。

私は、「sensitive」(慎重な、微妙な)と言われたと勘違いして
(なんか、まずいこと言っちゃったかな??)と思いました。

sensibleをオックスフォード英英辞書で調べると、
(of people and their behavior) able to make good judgements based
on reason and experience rather than emotion.
と、ありました。
つまり、
「君たちの判断は良く考えてあったね。良いんじゃない!」
と褒められていたのですね。

夕食は軽い打ち上げを兼ねて、美味しいカニを食べに出かけました。
この地方で獲れるダンジネスクラブという大きなカニをローストして、
ベトナム風のソースに絡めた料理が名物なのです。
これをかぶりつきながら、白ワインを堪能するのは至福の時間でした。
画像
(カニの写真は失敗したのでメニューの写真です)

出発前からこの日の夕食を何にするのかは皆で十分検討を重ねてきたのですが大正解でした。食べ終わってから私は一人で次のようにつぶやいたのは言うまでもありません。

It's sensible !!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出張3日目 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる