OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS TOEICリスニングパート全問正解記念記事 「私はどうやってPart3&4を解いているのか」

<<   作成日時 : 2012/10/28 10:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

先読みを極力少なくして、音声に集中する。

シンプルに言うとこれが私の基本的な戦略です。

先読みをしても内容を忘れてしまうし、読んだ内容を頭に入れて音声を聞こうとすると集中力が落ちてしまい聞き漏らしてしまう。

であれば、いっそのこと先読みをしないで音声を聞くことに集中し、音声が流れ終わってから設問と選択肢を読んで、正解を選ぶ方が正解率が上がるのではないか?しっかりと音声を聞き取れれば全ての問題は解けるのではというのが最初の仮説でした。

ここで問題になってくるのは、いわゆる「木」の問題をどうするのかということです。

木の問題とは、「話し手はどこにいますか?」など詳細な情報を問う問題です。

私は木の問題も、音声をきちんと聞き取れていれば先読み無しで解けると思っています。

きちんと、というのは場面、人間関係、話の流れです。

それが分かっていれば、「話し手がどこにいるか」なんて分かりますよね?

3問目に出てくる「男は次に何をするか?」も先読み無しで解けます。絶対に。


では、こんな木の問題はどうでしょうか?

OJiMと優子がデートをしている場面の会話が流れた後で、

「3軒目に行ったのは何という店でしたか?」という設問です。

1軒目のバルから5軒目のTOEICバーまで次々と店名が出てきたとすると、3軒目が何だったか後から思い出すのはかなり辛いです。

先読み無しで解くのが難しいのは、選択肢に固有名詞が並んでいる問題なのです。

それは話の流れだけでは解ききれませんからね。

でも、そんな問題は公開テストではほとんど出ません。

公式問題集Vol.4を調べてみましたが、Part3,4の120問の中で1問だけ地名が並んでいる問題がありました。

このタイプ問題に対処するには、設問のキーワードだけを頭に入れておくんです。

この問題の場合は「next stop」がキーワードでした。

(稀にしか出ないなら無視するのも1つだと思います。リスニングは数問ミスでも満点が出ますから)


ちなみに、選択肢に人名が並ぶ問題は出ません。

出たらどうしようと思って意識していましたが、私が受けたここ1年くらいの間には出ませんでした。

でも、設問に人名は良く出てきます。これは少し注意が必要です。

「OJiMは会議の後に何をしますか?」

「優子は誰ですか?」


この問題は、OJiM、優子が会話やスピーチの中で出てくるどの人物なのかを意識していないと解けません。

Part3はほとんどが男女の会話になっているので、私は頭の中で左右に男女を配置して、男にOJiMというイメージを付けておきます。

問題によっては、OJiMが会話をしている2人ではない第三者である場合もありますが、この場合は左右の男女以外の人物にOJiMをイメージ付けしておきます。

登場人物が4人以上出てくると辛いですが、たぶん出ないと思います。


まとめると、私の先読みの仕方はこんな感じです。

1)設問をざっと眺めます。

2)選択肢が短い問題があるかをチェック

3)設問に固有名詞があるかどうかをチェック

4)短い選択肢に固有名詞が並んでいるかをチェック


ここまでで、2〜3秒です。チェックは文字を読むのではなく全体を眺める感覚です。

5)そして読む必要があると仕分けられた設問だけを丁寧に読んでおきます。
(これを「枝」を問う問題と勝手に呼んでます)

枝を問う設問は、3問のうちで1問くらいですが、全く無い場合もあります。

枝を問う問題が無い場合は、先読み無しで音声を聞くことになるので不安になりますが、逆に集中力が高まるのか良く聞こえるようになり、話の流れも正確に理解できて、問題も解きやすくなります。


かなり長文の記事になってしまったので、この辺でやめておきますが、もう少し細かい仕分けの方法、Part3の最初のセットの解き方、先読みをしない場合の音声の聞き方など私が独自に編み出したノウハウがまだあります。

この記事の反応を見ながら、また別の記事にするかも知れません。

また、この方法の実践的なやり方については記事だと伝わりにくいので、いつの日か勉強会などで模試を使いながらお話ししてもいいかもしれませんね。

あっ、もちろん女子限定ですが(笑)



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!この記事、永久保存版です。私も同じようなことを考えていましたが、まさにその「枝の問題」(すばらしいネーミング!)これさえ先読みしておけば、あとは放送文を集中して聞くことで対処できると思います。問題は、どれが枝の問題かをいかに見極めるかなんですよね。あと私の場合は、まだ監督のようなリスニング力がないため、「誰がこのコンテストを主催していますか?」のような木と枝の中間?のような問題(広い意味では木の問題ですよね〜)が本文では聞き取っていたつもりなのに、設問に応えようとすると、「え?あれ?え〜と・・」となってしまう場合があります。ぜひまた独自のノウハウ続編UPお願いします!
ぴあの
2012/10/28 11:30
OJiMさん、Part3&4の解法方法を考察していただきありがとうございます。
ニヤリとしてしまいました。Part3&4の解答方法も人それぞれだと思いますが、OJiMさんと私はかなり似ていますね。いや同じではないか。
なるほど「木」ではない「枝」の問題ですか。
私はこれを
「ストーリー展開には直接関係ない問題」
と表現しました。3軒目のお店はなんですか?がまさに該当しますね。ただ本番ではあんまりでないかもしれない。
枝の問題に意識を集中するあまり、森や木の問題を
落とさないようにするのが大前提ですので、そこを確保できるように基礎力はつけておきたいと思います。もう一度リスニング満点とりたい。
検討の結果、私にとっての鬼問の具体例は以下が並んでいる設問です。
a)時刻 b)部署名 c)職業 d)書類の種類、

女子限定。。。ですか。
つんつるてん
2012/10/28 11:58
ぴあのさん、
とても嬉しいコメントありがとうございます。

>問題は、どれが枝の問題かをいかに見極めるかなんですよね。

おっしゃる通りここがポイントです。記事のようにルール化すると複雑に思えますが、実際に自分でやってみると感覚的に仕分けが出来るようになると思います。

>「誰がこのコンテストを主催していますか?」

この設問の選択肢は、government employeeとか職業が出てくると予想されますが、その場合は「木」としています。

>ぜひまた独自のノウハウ続編UPお願いします!

最初これを「ウハウハ編」と読み違えてました(爆)
ぴあのさんからのご要望ということで、喜んで記事を書いてみますね^^
OJiM
2012/10/28 15:35
つんつるてんさん、

ブログに書かれていた記事を読んで、確かにやっていることは同じだなあと思っていました。

>私はこれを「ストーリー展開には直接関係ない問題」と表現しました。

まさにその通りだと思います。3軒目にカフェに行ったのか、ワインバーに行ったのかはストーリーに関係無いですもんね。

ETSもその辺りは心得ていて、ストーリーに関係ない枝を問う問題はあまり出さないように制限をしているのではないかなと思っています。

>a)時刻 b)部署名 c)職業 d)書類の種類、

さすが、鋭い分析ですね。
これをきちんと検証できれば、割と簡単に枝を問う問題を仕分けできるようになれるかもですね。これをテーマに共同研究しましょうか?

>女子限定。。。ですか。

女子と、スイーツ好き男子とします(笑)
OJiM
2012/10/28 15:49
こんにちは。とても参考になる記事を有難う
ございます。
 
アナウンスがよく聞き取れない時期は選択肢
まで目を通す必要がありましたが最近は
アナウンスも大分聞き取れるようになって
きたので設問のみの先読みでも対応出来る
ようになってきた気がします。(あっでも
選択肢も見てた方がやっぱり安心かな。)
 
話の流れが分かっていれば解ける問題は
(問題を)覚えていなくても大丈夫なので
木を問う問題のみに集中して覚えて
おけばいいかなと思っているところです。
 
でも私の場合話の内容を覚えていられなくて
えっとえっとと思い出す時間が必要な時が
あります。そうすると先読みのリズムが
崩れてしまうのです。
 
話の内容を思い出せないというのはやはり
きちんと聞き取れていないってことなの
でしょうか?
 
続編も是非是非お願いします。
mami
2012/10/28 16:25
OJiMさん、こんにちは。
音声が聞き取れるようなレベルになれば、OJiMさんの主張されるような解法がベストなんでしょうね。

OJiMさんにお伺いしたいと思ったのは、曜日や時刻が問題に絡んできた場合です。

「来週の水曜日17時に会議が延期されました」

のような内容だった場合に、自分は先読みしないで聞くと曜日や時刻があいまいなことがあって、後から問題を読んで「しまった」と思うことがちょくちょくあります。会議が延期されることは聞いて分かっていても、曜日な時刻をさらっと聞いてしまうこと多いんですよね(苦笑)全部が全部というわけではないんですが。。。

自分は曜日や時刻は先読み派ですが、OJiMさんは、曜日や時刻の場合も固有名詞のように対応しているのでしょうか、それとも曜日や時刻も先読みなしで対応しているのでしょうか。
Yuta
2012/10/28 16:41
mamiちゃん、

こちらこそ、いつもモチベーションの上がるコメントをありがとうございます。

>話の流れが分かっていれば解ける問題は(問題を)覚えていなくても大丈夫なので木を問う問題のみに集中して覚えて
おけばいいかなと思っているところです。

こういう解き方が出来るようになると先読みの時間が少なくて済みますし、そうなると「音声を聞いた後に」設問、選択肢を読む時間が増えるので正確に読めるようになります。

>話の内容を思い出せないというのはやはりきちんと聞き取れていないってことなのでしょうか?

そうですねえ、「きちんと」聞けていないのだと思います。
聞いた内容を、状況、場面、人間関係に結びつけていけば問題を解くときに自然と思い出せると思いますよ。

続編でその辺りも書いてみますね。
OJiM
2012/10/28 18:37
Yutaさん、

いつもコメントありがとうございます。

>OJiMさんにお伺いしたいと思ったのは、曜日や時刻が問題に絡んできた場合です。

選択肢に曜日や時刻が並んでいる問題は、木と枝の中間的な問題だと思っています。基本的には先読み無しで解けると思っています。

>「来週の水曜日17時に会議が延期されました」

「木」の問題として解く場合は、これを聞いた時に、(定時退社日の水曜日の17時に延期なんてマジかよ・・)とリアルに聞いておけば、選択肢の中から、「水曜日」と「17時」を自然に選べると思っています。

ただ、選択肢に曜日、時刻が並んでいる問題もかなりのレア問題ではないかと思います。公式Vol.4と5で調べてみたらそれぞれ1問ずつしかありませんでした。
なので、「枝」の問題として設問を読んでキーワードである「会議」を頭に入れておいて聞いても良いかもしれません。

「枝」問題の仕分け方はまだまだ工夫の余地があると思いました。ありがとうございます。
OJiM
2012/10/28 18:56
こんばんわ、柴犬です。
いつも有益な情報有難うございます。

私自身は先読み派です。正確にはそれ以外ができなさそうなのです。

というのもリテンション能力が著しく低いからです。
確かに聴く能力が低いことも影響していますが、覚えてないものは覚えていないのです。

そこで質問ですが、聴く力、リテンション能力が一定以上(この基準も難しいです)でなくても貴兄の方法は成り立つものなのでしょうか?
或いは、集中して聴くことで自然にリテンション能力が上がって行くものなのでしょうか?

また、「聴く力」が十分でない場合でも、設問や選択肢がヒントになって話の内容を理解するのに役立つこともあると思うのですが、このような形で解答率を上げるには限界があるとお考えでしょうか?

今頃こんなことを聞くのは私くらいかもしれませんが、宜しくお願いします。

柴犬
2012/10/28 20:09
柴犬さん、

コメントありがとうございます。

個々のご質問にお答えする前に、戦略に関する私の基本的な考えを述べておきますね。それは、先読みした内容を頭に入れておきながら音声を聞くことが出来る人は、なるべく先読みをした方がいいと思います。その方が正解率は高くなるはずです。満点取得者のほぼ全員が先読み派と言う事実もあります。

では、なぜ私が「先読みを出来る限りしない方式」にこだわるのかと言うと、読んだ内容を記憶に残しながら音声を聞くのが苦手だからなのです。

その上で、個別のご質問にお答えしていきます。

>そこで質問ですが、聴く力、リテンション能力が一定以上(この基準も難しいです)でなくても貴兄の方法は成り立つものなのでしょうか?

成り立つと思います。リテンション能力の差が解答力に現れるのではなく、聴き方の差だと思っています。ちなみに、私の短期記憶力は標準かそれ以下だと思っています。

>また、「聴く力」が十分でない場合でも、設問や選択肢がヒントになって話の内容を理解するのに役立つこともあると思うのですが、このような形で解答率を上げるには限界があるとお考えでしょうか?

設問と選択肢を読んでおくと確かに話の内容がある程度想像できるというメリットがあります。ただ、設問・選択肢を十分に先読みするには前のセットの設問・選択肢を読む時間を削らなければならないというデメリットもあります。そのバランスをどこで取ると正解率が最も高くなるのはは、その人の「記憶を残しながら聴ける力」や「速読力」によって変わってくるのではないでしょうか。

回答になっていましたでしょうか?
ポイントがずれていたら遠慮なく質問してください。
OJiM
2012/10/28 21:24
こんにちは。
とても興味深く記事を読ませていただきました。
私は先読み派なので、選択肢も含めてすべて読んでいますが、公開中は間に合わなくて仕方なく、設問だけの先読みして聞くこともあります。途中から開きなおって、設問だけ先読みしたことがあったのですが、あまり点数は変わらなかったので、先読みは必須でもないのかな?と思い始めています。
先日、全く先読みなしで、模試をやったところ、解答にかける時間をものすご〜く長く感じました。当たり前ですよね。次のセットまでの時間に、解答+設問と選択肢の先読みをすることを考えるとほぼ2倍の時間を解答に充てられるわけですから。
ということで、OJiMさんの先読みを少なくして音に集中するというのは私にはとても理想的です。勉強会等で詳しくお話ししていただきたいです。お願いします。
haru
2012/10/28 23:03
初めまして。Gattinaと申します。ご挨拶が遅れまして、大変申し訳ありません。OjiMさんのブログをリンクさせていただいています><。

先読みの仕方の記事、私にとって大変タイムリーな問題で大変参考になりました。

私は文字で見てしまうと、色々気になってしまって集中できないので先読みをせずにやってみようと今日模試に取り組んだのですが、リーディングが苦手なため、先読みゼロだと読むスピードが遅すぎるようで解答時間が足りないという事態になり、問題文を読む+αぐらいに途中からしてみました。

枝を問う問題とは、公式問題集vol.5のTEST2の75などもそれに当たるでしょうか?内容からすると瑣末なことが聞かれて、マズイ!ってなりました。こういうのは問題文を先読みをしておいて名前を聞いておかないと無理ではと感じました。

また色々とご教授ください。どうぞよろしくお願いします。あ、女子に年齢制限があるのかどうか気になります(笑)
Gattina
2012/10/29 03:25
haruさん、
コメントありがとうございます。

先読み派の方も、先読みペースがくずれた時のリカバリー用に私が紹介した方法を使えるようにしておくのは有効だと思います。

>先日、全く先読みなしで、模試をやったところ、解答にかける時間をものすご〜く長く感じました。

そうなんです。これは後日、補足記事で書こうと思っていたのですが、先読みをしないと解答時間がたっぷりできるというメリットがあります。そしてもう一つのメリットは、、、補足記事をお楽しみに^^;

>勉強会等で詳しくお話ししていただきたいです。お願いします。

ご要望を承りました。勉強会を開催する時は必ずharuさんをお誘いしますので、まずは今後掲載予定の記事を読んでみたください。
OJiM
2012/10/29 23:02
Gattinaさん、
初コメントありがとうございます。
また、リンクを張っていただいてありがとうございます。
Gattinaさんのブログ(http://3gatti.blog.fc2.com/)


>リーディングが苦手なため、先読みゼロだと読むスピードが遅すぎるようで解答時間が足りないという事態になり、問題文を読む+αぐらいに途中からしてみました。

上のharuさんのコメントにあるように、先読みしない方が設問を読む時間に余裕が出来ます。それでも時間が足りないようであれば、設問・選択肢を早く読む練習をするのも良いかもしれませんね。

>枝を問う問題とは、公式問題集vol.5のTEST2の75などもそれに当たるでしょうか?

75とはWhy shouldで始まる設問でしょうか?
これは話の流れが追えていれば解ける問題だと思っています。この問題に限らずWhyで始まる問題は、聞けていれば解ける問題なので、私は設問も選択肢も読んでいません。

>あ、女子に年齢制限があるのかどうか気になります(笑)

TOEICに対する熱い気持ちが参加条件です。
ちなみに、ブログのプロフィールを拝見しましたが、年齢制限があったとしても、全然オッケーです(笑)

今後とも交流してTOEICを楽しみましょう。
OJiM
2012/10/29 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOEICリスニングパート全問正解記念記事 「私はどうやってPart3&4を解いているのか」 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる