OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS TOEIC Part7における「脳内音読」の理論と実践

<<   作成日時 : 2012/10/08 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

Part7の本文を脳内音読するメリットは、適度なブレーキがかかることで読み飛ばしが無くなることだと思っています。

実際にやってみると分かりますが、「黙読」より「脳内音読」の方が音声化をする分だけ読む速度が遅くなります。

私はこれを逆に上手く利用することによって、正確に読むことができるのではと思ったのです。

でも、ただ遅く読むだけであれば「黙読」でゆっくり読むとの変わりませんよね?

「脳内音読」の場合は、音を利用してリズミカルに読むことでスピードコントロールが出来るのです。


その具体的な方法を紹介してみます。

A few of the physicians and media reporters who attended the event have requested your contact information to ask further questions about your project.

(TOEC公式問題集、Vol.4 Part7のサンプル問題から引用)

A few からeventまでが割と長い主語のSVOの文型ですよね。難しい語彙もありません。

普段であれば難なく読めると思います。

でも、テスト中、焦ってくると視線が先走りして文の構造が分からなくなり、意味が取れなくなる。

それをアイテムライターが見越して、設問でこの文を突いてくる。。


これを「脳内音読」する時には、文頭から主語の切れ目を探しながら一気に読んでいって本動詞のhave requestedが見つかった時点でスローダウンして息継ぎ。

そして目的語のyour contact informationのかたまりを一気に読んで、軽く息継ぎをしてからto以下を一気に読み。

上手く説明しきれていませんが、こんな感じです。

緩急、強弱を付けながら、文の構造に沿って読んでいくのがポイントです。

文の構造というと難しいですが、要は、主語と動詞を意識するということです。

これは「黙読」でも出来そうですが、「脳内音読」の方が音が介在するので「リズム」が生まれるやりやすいのではというのが私の仮説。


もう1つの「脳内音読」のメリットは集中力が上がるということかも知れません。

テスト後半になると、英文が頭に入らなくなるのは焦ってきて集中力が落ちるからですよね。

「脳内音読」をすると頭の中で音が鳴り響いているので、集中力が上がり、余計な事を考えなくなるような気がします。全く感覚的なものですが。


「脳内音読」を効果的にするには、まだまだ細かい点で工夫の余地があると思っています。

例えば、Rabbitさんがコメントに書かれていた固有名詞の読み方ですがこれを正確に読もうとするとここでかなりつっかえてしまいます。

私は正確には発音せず、適当に読み流しています。

ただ、これをやってしまうと固有名詞が記憶に残りにくいという欠点もあります。


以上、今の時点の「脳内音読」の理解を書いてみましたが、まだ整理のついていないこともあるので、もう少し検証とトレーニングをしたらまた書いてみます。

では。



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、こんばんは。
脳内音読は、文構造の理解ひいては内容の正確な理解に大いに役立ちそうですね。

ふと思ったことは、SVO的な文構造の正確な把握なら、受験英語的に区切りを入れる方法がオーソドックスなやり方かもしれないなということです。ただ、書きこむことはTOEICでは禁止されているので、このやり方はTOEICでは実施できないですね。

ですからOJiMさんのご意見をお伺いしてみたいと思ったのは、脳内音読による文構造の理解は書き込み禁止のTOEICでの書き込みの次善の策なのか、それとも、脳内音読は書き込みよりも文構造が把握しやすく、内容の正確な理解に結び付くので、TOEICを受験しない一般英語学習者にもおすすめできるものなのかということです。

まあ「人それぞれ」という回答になるかもしれませんが(苦笑)、OJiMさんのお考えに興味があったのであえて質問させてもらいました。
Yuta
2012/10/10 22:33
Yutaさん、

いつもコメントありがとうございます。

文構造を理解しやすくするという意味では、区切りを入れて読んでいくのと原理は同じだと思います。

ただ、「受験英語的に区切り記号」を入れて読む方法というのは予め区切りを入れて読んでいく方法だと思いますので、もしTOEICで書き込み可だとしても時間がかかってしまい実践的ではないと思います。

また、上手く表現できないのですが、脳内音読は音がある分だけリズム感が生まれるので、黙読よりも文の構造を「意識」しやすいのではと感じています。

これはまだ感覚的なことなので、もう少し実践と検証をした後に記事にしてみたいと思います。

また、ご意見があれば是非よろしくお願いします!
OJiM
2012/10/13 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOEIC Part7における「脳内音読」の理論と実践 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる