OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS TOEICのPart3、4がスッキリと聞き取れるようになる暗唱トレーニングの実践的な方法について

<<   作成日時 : 2012/09/15 12:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

英語の基礎トレーニングの中で、暗唱は最強のトレーニングだと思います。

シャドーイングや音読まではやっても、暗唱はちょっと、、尻込みをされている方も多いのではないでしょうか?

暗唱の最大のハードルは会話の展開や、スピーチの流れを覚えるのが大変だからですね。

1つのスクリプトが10個の英文で構成されてるとすると、10個の順番を覚えるのは確かに大変です。

そこで私がやっているのは、10個の英文の中から苦手な英文だけをピックアップして暗唱しています。

苦手な基準は、聞いたときにすっきりと理解できない英文です。


例文で見てみましょう。

公式問題集Vol.4のサンプル問題集、Part3の最初の文です。

Oh John, I'm glad I ran into you.
まあ、John。ばったり会えてよかったわ。

シンプルな英文で、run intoも基本的な句動詞ですが、これを聞いた瞬間にすっきり理解できない人も多いのではないでしょうか?

聞いた後に間を置いて理解ではなく、瞬間的に理解できないとダメ。

TOEICのテスト中だと、間を置くとつまづいて、その後から崩れてしまうんですね。


これを聞いた瞬間に聞き取れるようになるには、音読も良いのですが、暗唱の方がより良いですね。

暗唱でも大切なのは、キモチを込めること。

そして、もっと大切なのは日本語から発想して、英文を暗唱をしないことです。

「ばったり会えてよかった」という日本語からは離れます。

では、どういうキッカケで英文を発話するのでしょうか?

それは、話者になりきって状況を思い浮かべるのです。(妄想とも言いますが。。)


この場合の話者は、スタッフミーティングに遅れてきて、しかもミーティングの場所が分からない優子。

優子は焦っています。

そんな時に、オフィスの廊下でばったりとJohnに出会います。

優子は嬉しいですよね

だから、I'm gradとキモチを表してから、

英語は後ろから情報をペタペタとくっつけいく感覚で、I ran into youです。

この時の優子のキモチ、心の動き(英語的な発想)をなぞりながら、

Oh John, I'm glad I ran into you.

を繰り返し暗唱します。


その後で、音声を聞くと、クリアに瞬間的に聞き取れるようになります。

瞬間的にすっきりと聞き取れた英文は、頭に残ります。

意図的にリテンションをしなくてもです。

つまり、TOEICのPart3、4で先読みをしなくても解答ができるようになります。


以上が私が試行錯誤をしながらたどり着いた暗唱の実践的な方法です。

細かい点などについて、ご質問があれば遠慮なくどうぞ。


(なぜこのやり方が有効なのかについての理論についても、仮説レベルで考えていますが、それについては長くなるので、またの機会に)


*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、
前回は的外れだったようで失礼しました(汗)

今回の暗唱の効果についての報告は全く同感です!
この「瞬間的に聞き取れる」経験を一度でもしてもらえれば、暗唱の効果がもっともっと広まるのにと思います。ぜひOJiMさんには、暗唱の伝道師として活躍していただきたいと思います(笑)

今回の方向で前回の音の聞き取りの問題を捉えなおしてみると、暗唱の範囲外だったから聞き取りに苦労した。会議などのやり取りの暗唱をたくさんすべきだと考えることも可能になりますね。

もちろん、音の聞き取り訓練か暗唱かの二択ではないので、どっちもやればいいのでしょうけど(笑)
Yuta
2012/09/15 21:22
こんにちは。
TOEICのリスニングで引っかかるのは私の場合、固有名詞と句動詞なんです。瞬間頭の中に?が浮かんで、頭から理解していくのを止めてしまうんですよね。リーディングなら固有名詞はわかりますが、リスニングだとわからないので…。
TOEICの句動詞をどうやって覚えようかと思っていたろ頃、極めろ!5&6に沢山出ていたのですが、あまりに知らなくて挫折しそうになりました。
リスニングの素材の中から抜き出して、イメージしながら覚えるのがよさそうですね。
haru
2012/09/15 23:20
Yutaさん、

共感いただきありがとうございます!

これまで、音読については色んな記事を書いてきましたが、
暗唱についてはこれから自分の体験に基づいた実践的なことを書いていこうと思っていますので、アドバイスなどあればよろしくお願いします。

>会議などのやり取りの暗唱をたくさんすべきだと考えることも可能になりますね。

そうですね、これは是非実践して効果を確かめてみたいと思っています。

>もちろん、音の聞き取り訓練か暗唱かの二択ではないので、どっちもやればいいのでしょうけど(笑)

両方、バランス良くということですね。
了解です!
OJiM
2012/09/17 20:34
haruさん、

固有名詞は確かにひっかかりますね。
Part2の簡単な問題でも聞き取りにくい固有名詞が入ると、
途端に難しくなります。これについては特別の対策は無さそうですが、リスニングの基礎力が上がるにつれてひっかかりが少なくなっていくのかなと思っています。

句動詞は、haruさんがおっしょるように知らないものに出会うたびに「イメージ」と結びつけるのが良さそうですね。これにも暗唱が最良のトレーニングだと思っています。
OJiM
2012/09/17 20:43
お久しぶりです!
覚えていらっしゃるかはわかりませんが、またTOEICに燃えることにしました。

そこで、新たにTOEICブログを開設しましたので、もしよろしければ見ていただけるとうれしいです。

OJiMさんのブログを私のブログのリンク先に登録させていただきますね。
これからもよろしくお願いいたします。
yun
2012/09/21 07:07
URLを載せるのを忘れていました。
すみません。
http://yuntoeic.blog.fc2.com/
yun
2012/09/21 07:09
yunさん、
お久しぶりです!
覚えてますよー^^

またTOEICに復帰ですか!
共にがんばりましょう!!

リンクありがとうございます。
私のブログからもリンクを張らせていただきますね。

これからもどうぞよろしくお願いします。
OJiM
2012/09/21 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOEICのPart3、4がスッキリと聞き取れるようになる暗唱トレーニングの実践的な方法について OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる