OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS TOEICのPart5を解く感覚を鍛えるトレーニング

<<   作成日時 : 2012/03/03 13:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりにPart5を真面目にやってます。

毎日、Part5&6の1セット(52問)をやってます。

昨年の8月くらいからReading対策はPart7に特化してきたので、
Part5&6はほとんど出来ていませんでした。

Part5はやらなくなると、解く感覚が鈍ってくるので、新しい問題を
解くとそれが結果となって現れてしまい、目を背けるために余計に
解かなくなる、という悪循環になってしまっていました。

1月の公開テストは自己ベストだったのですが、Part5が足をひっぱて
しまっていたので、こりゃいかん、ということで毎日解くことを日課に
したのです。



Part5は文法規則や語彙を知っていれば解ける、知らなければ解けない、
つまり知識の量を試すパートです。知識を増やすには勉強が必要です。

一方で、短時間で解いていくためには、反射神経や感覚といったものが
必要になってくるので、これを鍛えるには日々の継続的なトレーニング
が必要
です。

主語はどこまでで、本動詞がどれかという文の構造を見ぬくためには、
十分な時間があれば知識で見抜けますが、短時間で見抜くためには、
ある種の感覚が必要
なのです。



私のスキルでは、Part5&6(52問)を21分で解けば良いならば知識だけで、
20分以内ならば知識と感覚が必要です。

日々のトレーニングでは17分で解くことを目標にしています。

私は本番テストの時には、Part5の先解きをして2分のアドバンテージが
あるので、17分で解き終えれば、14時ちょうどに解き終えることになります。



最近の成績は、初見のセットで4〜5問間違えてしまいます。
知識が足りなくて解けない問題もありますが、早く解くために意味を
取り違えていたり、構造を見抜けなかったりしたミスが多いです。

見極めが甘いんですね。いかんです。

どんなに忙しくても、疲れていても、毎日1セットを解き続けていくことで
この感覚に磨きをかけていこうと思います。


そうそう、甘いと言えば昨晩、お酒を飲んだ後にこれをいただきました。

画像


ほどよい甘さでOECかったです。い〜かんじでした



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
激しく同意です(^-^ゞ

僕の中ではPart 5・6は比較的得意なパートなので、この半年間くらいは他のパートに注力してきたのですが、そのおかげで1月のTOEICはPart 5・6がボロボロでした。

ですので、今は模試や特急シリーズでPart 5・6を復習しつつ、900点特急もやり始めてます。
ツウクン
2012/03/05 14:00
ツウクンさん、

激しく同意ありがとうございます(笑)

Part5&6はしばらく練習しなくなると、
スピードも精度も悪くなりますよね^^;

この記事を書いてから、毎日1セット48問を解くのを
日課に加えて実行しています。

そうすると今度は外のパートが、、、
TOEICの各パートを満遍なくレベルアップしていくのは
本当に難しいですね。

でも、それが醍醐味でもあります。
ともに頑張りましょう!!
OJiM
2012/03/07 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOEICのPart5を解く感覚を鍛えるトレーニング OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる