OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜTOEIC Part5の壁を越えられないのか?

<<   作成日時 : 2012/01/21 17:15   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 4

来週の公開テストに向けて、久々にPart5をやってます。

「千本ノック」「特急シリーズ」などを使って。

いつもは、先頭からサクサクと解いていって、

「あっ、いっけねー、いつもこの問題間違えるんだよなー」

なんて、言いながら付箋を付けていって、テスト直前に見直す。

そんな事をテスト毎に繰り返していましたが、今回はやり方を変えています。

前田先生の「ダッシュで奪取(No.124 , 125)」に書いてあったネバネバとした復習を意識してやっています。



Part5にはスピードが求められるので、サクサクと解いていくのは有効なトレーニングです。

そして同じ問題をグルグル解き直すのも記憶を定着させるためには有効です。

でも、サクサク、グルグルした復習で抜け落ちてしまうのが、「分かったつもりで、実は分かっていないこと」です。

そして、それこそが私がずっとPart5の壁を超えられない原因だと思っています。



今日気づきがあったのは、「不定代名詞」について。

anotherとかthe otherとかあの辺のヤツです。

Part5では、基本中の基本なので、今更何をって感じですが、ふとしたはずみで間違えました。

そして、誤答の選択肢がなぜ不正解なのか言えません。

でも、「Forest」を見るとスッキリと整理されて書いてあるんですね(p.486)

そして、代名詞としての機能と形容詞としての機能があるんですね。

まあ、なんとなく知っていましたよ。そんな事。

でも、はっきりと意識はしていなかったです。ハイ。

つまり、そう言うところが私にとっての「分かったつもりで、実は分かっていないこと」です。


これを1つずつ見つけて、「確実に分かっていること」に変えていかないと、目標スコアは絶対に取れません。

時間がかかるけど、初心に立ち返って、じっくりと文法に向き直ってみます



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イクフン本演習と「TOEIC TEST成功をつかむ条件」
イクフン本演習と「TOEIC TEST成功をつかむ条件」 ...続きを見る
英語がアカン人のTOEIC攻略日記
2012/01/22 19:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
できれば、気づきを得たときの勢いに任せて、たった1文でいいので自分でセンテンスを書くか、どうしても書けない場合は話してみてください。15語以下なら3分あればできるでしょう。日本語訳があれば、それも合わせて目に入れて「メッセージ」を頭に入れてから、英文を見ずに自分で再現することで、外にあったものが内側に入り、いずれ自然と内側から外側に出せるようになります。この点を大事にすることで基礎がガチガチに固まっていくと思います。試験中には話すことも書くこともありませんから避ける人が多いでしょうが、だからこそ基礎が固まらないまま「覚えたから解ける。覚えていないから解けない」といった空中戦で戦い続け(しかも1年も2年も3年も)、忘れる不安から解放されないのだと想像しています。外にある情報を内在化することに時間を先に使えば、後で楽になりますよ。デハマタ。
前田
2012/01/21 20:09
前田先生、
コメント&アドバイスありがとうございます。

>基礎が固まらないまま「覚えたから解ける。覚えていないから解けない」といった空中戦で戦い続け(しかも1年も2年も3年も)、忘れる不安から解放されないのだと想像しています。

これ、ズバリ言い当てられただけに堪えました。耳が痛いです。
自分でも何となく気がついてはいたのですが、習慣化された事を繰り返す心地良さもあり、続けてきたことです。でも、これも「分かったつもりで、実は分かっていなかった」のでしょう。
私のPart5の学習は「覚えた事の確認作業」をひたすら続けていたのだと思います。

>日本語訳があれば、それも合わせて目に入れて「メッセージ」を頭に入れてから、英文を見ずに自分で再現することで、外にあったものが内側に入り、いずれ自然と内側から外側に出せるようになります。

DF渋谷の時に学んだ「INPUTを強化するOUTPUT」が実践出来ていませんでした。

これは、今日から早速やってみます。
ありがとうございました。
OJiM
2012/01/22 08:43
>「Forest」を見るとスッキリと整理されて書いてあるんですね(p.486)

Oneとanother/other(s)の図ですよね!?
昨日、前田先生監修の模試の復習をしていて、
another/other(s)の使い分けがしっくりこなくて、
「Forest」みてサッパリしてノートに貼ったところです。
あまりにtimelyだったのでコメントさせていただきました。
haru
2012/01/22 23:07
haruさん、

>Oneとanother/other(s)の図ですよね!?

そうです!Forestはこういう図解がいいですね。

>あまりにtimelyだったのでコメントさせていただきました。

それは偶然ですねえ。
テストに出るといいですね^^
OJiM
2012/01/22 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜTOEIC Part5の壁を越えられないのか? OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる