OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年の振り返り 【TOEIC Listening編】

<<   作成日時 : 2011/12/22 23:44   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 6

【TOEICスコアの年毎の平均値】
2007年 T713 L340 R373
2008年 T815 L419 R396
2009年 T884 L443 R432
2010年 T908 L461 R449
2011年 T926 L480 R444
画像


リスニング力を上げることでリスニングスコアは上がる。

TOEICに必要なリスニング力は、音読・暗唱で伸ばすことができる。


これが私の体験を通じての仮説です。

今年は「入門ビジネス英語」「10回模試」を使った音読・暗唱を地道に継続し、スコアも継続的に伸ばすことができたのでその仮説は検証できたと思っています。

公開テストを6回、IPテストを2回の中でListening満点を3回取ることができました。

来年も音読・暗唱トレーニングを継続することでリスニング力を上げることができスコアも更に上げることができると確信しています。

ただし、BEYONDしていくためにはどこかのタイミングで素材の見直しが必要だと思っています。

今現在は「10回模試」のリスニングパートを使っているのですが、発音、語彙、 話題、いずれもがTOEICの出題範囲内に限定されているので自分のリスニング力が上がるにつれて、負荷が低くなってきているように感じるからです。

より負荷をかけるにはニュースや映画など、難易度の高い素材が必要になってきます。

年が変わるタイミングでスパッと切り替えようかとも思ったのですが、韓流模試がまだ30セットくらいあるのでそれをこなしつつ徐々に切り替えていくことにしました。

また、ブロガー的な視点で言うと、TOEIC以外の素材を使った記事は人気が無いんですよね(笑)



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新TOEICでハイスコアを獲るための英語勉強法を大公開!「成田式新TOEIC900対策」〜新TOEI...
■【成田式新TOEIC900対策】■ 経済がグローバル化する中、 多くの企業が社... ...続きを見る
お役立ち情報
2011/12/23 10:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも興味深く読ませて頂いてます。
特に音読の所は、私もここ数ヶ月実施してみましたが効果が何となくですが感じられます。確かな確証はなく感覚的なものですが。

素材で使われているテキストで「入門ビジネス英語」は良いのは分かるのですが、「10回模試」を選ばれた理由はなんでしょうか。

この本は純国産に比較して、中身が「濃く」、レベル的にもやや上な感じがします。
但し、問題によってはpart 3で状況が想像しにくいものもあるように思いました。

二人の話者の背景的なものが明確でないもの(例えば一人は東京にいるが、相手はどこにいるかも不明)は、感情移入もやりにくいので音読するには抵抗がありますよね。

取りとめもない質問ですが、音読素材を選択する上でのお考えをお聞かせください。
おいどん
2011/12/24 20:19
音読は重要だなと私も最近再認識しました。
単に音読するだけでなく暗唱も組み合わせて効果的な学習ができないかと試行錯誤しています。
引き続き来年もお互い頑張っていきましょうね!
hashiro
2011/12/25 00:49
おいどんさん、
いつも当ブログを読んでいただいているとのこと、
どうもありがとうございます。

>「10回模試」を選ばれた理由はなんでしょうか。

これですが、おいどんさんもおっしゃられている通り

>中身が「濃く」、レベル的にもやや上な感じがします

と私も感じており、それが主な理由ですね。

>但し、問題によってはpart3で状況が想像しにくいものもあるように思いました。

これについては、問題としての難問はありますが、スクリプトで状況が把握しにくいとは感じたものはありませんでした。

>取りとめもない質問ですが、音読素材を選択する上でのお考えをお聞かせください。

音読を効果的にするには素材の選択はすごく重要だと思います。「自分が気に入った素材であること」が一番重要で、次は「自分からみて適度に難しいもの」を選ぶことが重要なのではと思います。

OJiM
2011/12/25 15:36
hashiroさん、

>単に音読するだけでなく暗唱も組み合わせて効果的な学習ができないかと試行錯誤しています。

私は以前は音読一本だったのですが、音読と暗唱を一年くらい前から併用するようになり、今は暗唱がメインになってきています。試行錯誤を重ねながら自分に合ったトレーニングを見つけていくのも楽しみですね^^

改めてですが満点おめでとうございます!
私も来年は続きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
OJiM
2011/12/25 15:40
OJiM さん

お答え頂きまして有難うございます。
「10回模試」はまだtest3までしか進んでないですが、スクリプトでどうしても違和感のあるのが、test 1 の53−55。

1 Mは2週間出張する(少なくとも今週からではないので)3週間後に出社するが、いつかは不明。
それなのにWから電話するのか…。

2 Wのほうが常に日程調整する立場にあるとも想像できるが、それなら最初の会話の予定を決めてから、booking出来ない話なんてあり得ないのではないか。

まあ教材なので余り突っ込んで考える意味もないかもしれませんが、話者の気持ちになろうとするとしっくりこないです。

但し、そんな状況でも正答を選べるのがリスニングの面白い所だと思います(笑)

リーディングは曖昧な部分があると、必ず誤答になりますから、この格差がTOEICですかね。
おいどん
2011/12/25 21:44
おいどんさん、

Test1の53-55は確かに状況が掴みにくいですね。
(以前私もこの問題はブログの記事で取り上げたような気がしたので調べてみたのですが見つかりませんでした)

参考までに私のスクリプトの状況の解釈です。

M(東京)は購買部部長(つまりWのお客様)。

W(NY在住)はMの会社担当の営業で、Mと商談をするために東京へのチケットを取ろうとしたのだが取れず謝りの電話をした。

MはWの会社との取引にはあまり乗り気ではなく、欧州への出張があるので、商談はその後でどうかとやんわりと先送りを示唆。

WはどうしてもMに売り込みをしたいので2週間後に電話をすると申し出る。

Mは、どうせ来るならWの上司を連れてこれないのかと提
案(おそらく、上司を交えて値引きを依頼する)

以上、私の妄想でした(笑)
OJiM
2011/12/26 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年の振り返り 【TOEIC Listening編】 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる