OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗唱の効果とそのメカニズムについて(その2)

<<   作成日時 : 2011/10/01 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

オ「ヒアリングで英語が自然に分かるっていうのは構文とか文法とか
  を意識しないで、聞こえてきた単語の意味が順番に繋がっていって
  意味が分かるってことだと思うんだ」
優「なるほどー」
オ「じゃあこれは自然に理解できるかな?」

再び公式問題集Vol.4 TEST1 No.47-49の音声を聞かせた。

I really wanted to have it in white.

優「なんとなく分かったけど・・」
敦「なんか後半がスッキリしないわ」

オ「スクリプトを見てみて」
優「なんだ、意外と簡単な英文なのね。読めば分かるわ」
オ「スクリプトを10回音読してみて」

二人は音読を始めた。



オ「じゃあ、もう一回音声を聞いてみて」

I really wanted to have it in white.

敦「さっきよりは、すぅっと理解できるようになったわ」
オ「まさに音読の効果だね。優子ちゃんは?」

優「私はまだすっきりしないわ。回数が足りないのかなぁ?」
オ「回数を増やより、話者のキモチを意識して読んだ方がいいよ」

優「ブログでもそこが良く分からなかったの」
オ「ヒアリングができるって言うのは、突き詰めていくと
  相手のキモチが分かるっていうことだと思うんだ。
  図にするとこんな感じかな」

オジムは紙にさらりと以下のような図を描いて見せた。


(話者)キモチ → 英語 → 音声 → 英語 → キモチ(聞き手)


オ「まず話者のキモチがあって、それが英語になって、口で発音されると
  音声になる。それを聞き手の耳に伝わって、英語になって、
  それを聞き手の脳が解釈して話者のキモチが伝わる。

  さっきのスクリプトでは話者の、
  "白いセーターがほんとうに欲しかったんだー"というキモチが、
 
   I really wanted to have it in white.

  という英文に込められているのを感じられるかな?」

優「どの辺に?」
オ「"欲しかったんだ"というのが、wantedと過去形で現れてる。
  それと、have it in whiteというのも難しい表現だけど、
  "白い"っていうのを強調している感じが出てるよね。
  I want a white sweaterとかwhite oneでは感じが出ないよ」

優「ちょっと難しくなってきたわ」
オ「ここからが大事なところだから良く聞いて」


(つづく)




*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お口すっきり口臭予防に
いつのも歯磨き粉を変えるだけ。頑固な口臭や、朝起きた時の口のネバツキをすばやく解決。ムシ歯・歯周病の予防にも。 ...続きを見る
ナタ・デ・フレッシュ
2011/10/04 19:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
監督、お疲れさまです!
今日の解説、いつも以上によく分かります!
そして、ついつい気持ちを込めて言ってしまいました。
どうしても言ってみたい!という気持ちになりました。
そういうことですよね。
この文章、忘れない気がします、、、
tomo
2011/10/02 08:28
tomoちゃん、

>今日の解説、いつも以上によく分かります!

どうもありがとう!

>どうしても言ってみたい!という気持ちになりました。
そういうことですよね。

まさにその通りです。
やってみると分かりますが、
自分の口から出てくる英語の感じ方がかなり違います。

そして、これもやってみると分かるのですが、
話者のキモチになって音読し続けるのは実は難しいのです。
なので、10回音読するうち、5回目はキモチを込めるとか、
苦手な文だけ気持ちを込めるとかのメリハリは必要です。

>この文章、忘れない気がします、、、

このコメント、忘れない気がします、、、
OJiM
2011/10/02 09:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗唱の効果とそのメカニズムについて(その2) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる