OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 第165回TOEIC公開テストで試してみたこと

<<   作成日時 : 2011/09/12 23:18   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

1.鉛筆

これまでずっと1.3mmのシャーペンでしたが、いつも家で模試を解く
時に使っている2Bの鉛筆を使ってみました。

先を丸めておくと芯の太さは1.3mmよりも太くなるので、
2回くらいでさっとマークできて効率的です。

また、シャーペンとは違う鉛筆独特のタッチがいい感じでした。


2.座席移動

割り当てられた席は大教室の後ろから2番目(前方から11列目)
いつもなら休み時間に申し出て席を前方に移してもらいますが
今回はそれをしませんでした。

テスト直前にバタバタすると気持ちが乱れて集中力が落ちる
ので、敢えて動きたくなかったのです。

耳の後ろに手のひらをあてる集音マイク方式を使いました。

後ろの席というハンデを跳ね返そうという気持ちが、結果的に
集中力を高めた
ように感じました。


3.Part3&4

設問を先読みした後、木を問う問題が無い問題の場合は、
頭を真っ白にして音声に100%集中してみました。

木を問う問題とは、選択肢が単語になっているものです。

以前は音声に90%、設問に10%くらいの割合だったのですが、
集中力を高めるために音声を100%にしてみました。

結果的に音声100%の問題は全部解けたと思います。

逆に、木を問う問題は聞き洩らしをしてしまいました。
扱う商品は何か、話者の部門はどこかという問題です。

木を問う問題の時は、設問を頭に残し、選択肢を遠い目で眺め
ながら音声を90%くらいの集中度で聞いています。

むしろ、全ての問題を集中度100%で解いた方が木の問題も
含めて正解率は上がるのでは
とさえ思いました。

つまり、設問の先読みすらせずに、音声が流れている間は
100%集中し、音声が終わった後に、森の問題も木の問題も
解いていくという方法です。

一度、模試を使って試してみたいと思います。


<余談>

ブログを巡回させていただきましたが皆さん厳しい戦いでしたね。
そんな中で、ツウクンさんがすごく良い余談を書いてくださっています。
なんだか温かい気持ちになりました。


余談ですが、私は受験票B、問題用紙、回答用紙の回収の時
には、係員の方に手渡ししています。
そうした方がスムーズに回収できますからね。

これを私は、トーイッカーの品格と呼んでいます。



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
女性の品格著者より、品格あるぅ〜
女性の品格著者がテレビ出演時に膝が開いてるの見ちゃったもんね(^_^;)
のんたろうも3回目位の受験から、手で渡しています。
のんたろう
2011/09/13 05:26
手渡しですか。
なるほど!!!
そういう細やかな心遣い素晴らしい!!
ぜひ私も次回真似させていただきます。

ごろぞう
2011/09/13 08:32
ツウクンさんの記事よかったですね。
私は全く逆の経験をしました。試験前に集中力を高めたいときに、靴音高くカタカタと闊歩する女性試験官がいました。

配慮の無さに腹が立ちました(名前はしっかり覚えてます)
小さな教室,前二人が欠席でスピーカの真正面という特等席に座ってしまい、逆に音量が大きすぎて頭に響き集中しずらかったです。

音声が消えたRは実に集中できました。
環境に左右されるのは実力不足ですね。

試験官に手渡すお話は是非真似させていただきます。
受験票はいつも手渡しますが、終わるとつい…。
おいどん
2011/09/13 09:28
私も回答用紙と問題用紙は手渡ししています。
あと行きしなに「こんにちは〜」と、帰りしなに「お疲れさまでした」を交わします。
受験票Bには気が周りませんでした…(緊張でいつも余裕がない)。
さすがOJiMさん!
AKKO
2011/09/13 20:23
のんたろうさん、

ありがとうございます。

>女性の品格著者がテレビ出演時に膝が開いてるの見ちゃったもんね(^_^;)

女性はそういうチェックは厳しいですよね〜。

>のんたろうも3回目位の受験から、手で渡しています。

TOEIC品格委員長に任命しますっ!
OJiM
2011/09/13 22:57
ごろぞうさん、

些細な事ですが、やっていると気分がいいですよ。
是非、お試しください!
OJiM
2011/09/13 22:59
おいどんさん、

はい。今回はPart7が難しかったので、痛々しい記事が多かったのですが、ツウクンさんの余談を読んでほっとしました。

>試験前に集中力を高めたいときに、靴音高くカタカタと闊歩する女性試験官がいました。

分かります。なぜか靴音が高い女性っていますよね^^;

>逆に音量が大きすぎて頭に響き集中しずらかったです。

教室の後ろの席に音量を合わせていますからね。
音が大きすぎても、聞きずらいですね。
それと、最前列で視界に係員が目に入る席も気が散ってしまって集中力が落ちますね。

>試験官に手渡すお話は是非真似させていただきます。

どうぞ真似してください!
OJiM
2011/09/13 23:08
AKKOさん、

>私も回答用紙と問題用紙は手渡ししています。

素晴らしいです!是非、続けてください。

>あと行きしなに「こんにちは〜」と、帰りしなに「お疲れさまでした」を交わします。

それは見たことありませんが、
出来れば気持ちいいでしょうね。
OJiM
2011/09/13 23:10
OJiMさん、試験お疲れ様でした!

試験官の話、広めていただいてありがとうございます(・∀・)/
あんなにたくさんの方々に喜んでいただけるとは思わなかったので、嬉しい誤算です。
やはり、皆さんそういうのを求めておられるんですね(*´∀`*)

OJiMさん、解答用紙等を係員の方に手渡しされてたんですね(・Д・)それは確かに、係員の方は受け取りやすくて、効率的です。OJiMさんの配慮に感服しました(≧д≦)q
僕もTOEICKERの品格を高めていきたいと思います!
ツウクン
2011/09/15 20:33
木の問題、森の問題という言い方、とてもわかりやすいですね。

木の問題については、先読みすべきか否か、悩むところですが、現時点では、自分の記憶力を信じて、先読みしないことにしています。模擬試験で両方のやり方を試しましたが、差が出ませんでした。読みたい衝動は確かにあります。今は我慢してますが、LCの木の問題、P7のNot問題だけは事前に読む例外規定を適用する可能性があります。すみません、堅い話になって。
Andy
2011/09/15 21:57
ツウクンさん、

私も多くの方々があの記事を気に入っていただけて、嬉しかったです^^

>やはり、皆さんそういうのを求めておられるんですね(*´∀`*)

テストの前後は誰でもナーバスになるので、そういうものに触れると心が和むんですね。

>OJiMさんの配慮に感服しました(≧д≦)q

ありがとうございます。

>僕もTOEICKERの品格を高めていきたいと思います!

品格とスコアの両方を高めていきたいですね(笑)
OJiM
2011/09/15 22:52
Andyさん、

>木の問題については、先読みすべきか否か、悩むところですが、現時点では、自分の記憶力を信じて、先読みしないことにしています。

先読み問題は本当に悩ましいですね。
一般的には先読みが推奨されていますが、音声の聞き漏らしや選択肢の読み間違いリスクの事を考えると、どちらがいいのかはなかなか決められないと思います。

>読みたい衝動は確かにあります。今は我慢してますが、LCの木の問題、P7のNot問題だけは事前に読む例外規定を適用する可能性があります。

NOT問題の選択肢を読むやり方はHUMMERさんが推奨されてまね。私はまだ試したことはありませんが、理にかなった方法だなと思います。今後、私も検証してみたいと思っています。

TOEICの解法に関する議論は人それぞれにいろんな考え方とやり方があって面白いですね。
OJiM
2011/09/15 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
第165回TOEIC公開テストで試してみたこと OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる