OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS wouldのキモチ

<<   作成日時 : 2011/08/07 08:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

I would have a raft of responsibilities.

【語注】
a raft of  たくさんの
responsibilities 職務

音読素材にしている「入門ビジネス英語(2008年板)」の
UNIT87に出てくる英文です。

状況としては、上司が部下に対して、

「あなたが管理職になったら、今とどんな違いがありますか?」

という文脈の中で部下が意見を述べる場面で出てきます。

訳としては、

「職務がたくさんあることでしょうね」

となっています。


音読をしていてどうしても自分の腹に落ちないのが、

I would

のところなんです。

何故、would なのかは理屈としては分かります。

I have a raft of responsibilities.

これだと、今は管理職じゃないので事実と違うし、

I will have a raft of responsibilities.

これ将来、管理職に確実になれるわけでわないのでダメ。

やっぱり I would なんですよ。


でも、何度も何度も、

I would have a raft of responsibilities.

と音読を繰り返しても would の感覚が分かないんですね。

I would ・・と聞こえてきた時に、話者が would に込めた気持ちが
感覚的に分からないんです。


だから、これを音読する時には、話者(部下)の気持ちになって、

(自分が管理職になったら、いろいろ職務が増えるんだろうな・・)

という気持ちになって、音読してみる。

そうすると、何となく would に込められた気持ちが分かってくる。

それを繰り返していくと、少しずつ wouldの気持ちが感覚的に
分かってくる。


音読によって身に付くことっていうのは、こういうことなんだと思います。



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
英語の発音をどこまで気にするか
◇英語の発音は再現できない?◇世界でも最も英語の発音が苦手とされる日本人。それは日本語の音には無い音が、英語には多く使われているためですね。私たちは、日本語にはない発音も、日本語で使っている発音に引き寄せて聞き取ってしまいますし、同時に自分で発音するときも、日本語の音に置き換えて発音してしまいます。この習慣から逃れるのは簡単なことではありません。たとえば、英語では発音されていない母音を大量に追加して発音してしまうという癖があります。英語のカタカナ化です。batがbattoにな.. ...続きを見る
英会話独学のヒント
2011/08/07 22:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事、まずタイトルにひきつけられました〜
なるほど、音読しているうちにwouldの気持ちがわかってくる!それを繰り返しているうちにさらにwouldの気持ちが「感覚的に」わかってくる。この感覚的にというのが大事なんでしょうね!きっとそれが母語というかネィティブ的な感覚になっていくんでしょうね。ただ漫然と音読してるだけでは味わえない感覚ですね。大きな気付きを与えてもらいました。ありがとうございます!!
ぴあの
2011/08/08 07:35
ぴあのさん、
嬉しいコメントありがとうございます。

>この感覚的にというのが大事なんでしょうね!

究極的に「英語が分かる」というのは、感覚的に分かるという事だと思うのです。相手の言っていることが単語や英文を
意識せずに「感覚的」に分かる。

TOEICでもPart2で「感覚的に」スパッと分かる時と、ちょっと英文を考えて解く時がありますが、「感覚的に」解けた時の方が正解率は高いですもんね。

>ただ漫然と音読してるだけでは味わえない感覚ですね。

一度お聞きしてみたかったのですが、外国人が日本語を学ぶ時も音読ってするんでしょうか??
その際には、英語の音読とは違ったやり方とかあるんでしょうか?
OJiM
2011/08/08 07:53
すごくいいこと書いておられるのに、意外とコメントが少ないですね(ノД`)

最近は、音読とオーバーラッピングはある程度で止めて、シャドウイングとOJiMさんが重視されておられるロールプレイをメインにしてトレーニングしてます。

スクリプトを見ずに少し遅れて音声についていくシャドウイングは、音をしっかりつかむトレーニングとして非常に重要だなと。

オーバーラッピングができてもシャドウイングができるとは限らないんですよね。それはつまり、スクリプトに依存して聞いていたということで……orz

また、意味をつかむトレーニングとして、OJiMさんが日記で書いておられるように、ロールプレイも欠かせないトレーニングだなと。

今回のwouldもそうですし、僕は仮定法的に使われるcouldの「〜できるかもしれない」も苦手です(~∀~;)

僕は音読回数をこなすことに意識がいきがちで、ロールプレイはついついやった気になって、実はきちんとできていないことが多いので、OJiMさんのロールプレイはいいreminderになっています。

ありがとうございますm(._.)m
ツウクン
2011/08/08 12:03
ツウクンさん、

シャドーイングは負荷が高くていいトレーニングですよね。
「音」を取るには最もいいトレーニングなのではないでしょうか。

そして、「意味(=話者の意思)」を取るには、ロールプレイがいいですね。これも相当負荷の高いトレーニングですが、これを継続的にやりきったらかなりリスニング力はアップすると思います。

最近音読の記事を書いていなかったので、近々書いてみたいなと思います。

いつもコメントありがとうございます。
OJiM
2011/08/08 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
wouldのキモチ OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる