OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 極めろ!TOEIC TESTに出る究極ボキャブラリー1000 レビュー

<<   作成日時 : 2011/07/03 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


極めろ!TOEIC TESTに出る究極ボキャブラリー1000
スリーエーネットワーク
イ・イフクン語学院
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 極めろ!TOEIC TESTに出る究極ボキャブラリー1000 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


TOEICの単語本にとって最も重要なのは、載っている単語が公式テストに出題されるかどうかです。

購入する前に、単語のリストが最近の傾向に沿っているかどうか、あるいは、公式テストに出題された単語が載っているかどうかをチェックするのが普通でしょう。

でも、この本においては、その必要はありません(キッパリ)。

なぜなら、著者がイ・イクフン語学院だからです。

公開テストの問題を隅から隅まで研究しているといわれる
イ・イクフン語学院が抽出したわずか1000語のリストの中に、
TOEIC公開テストに出題されない単語が紛れ込む可能性は
ほぼゼロでしょう。それがブランドというものです。

私がまず一読した中では、いかにもTOEICっぽい単語が
並んでいるという印象でした。

難易度の評価を客観的に行うのは難しいのですが、
1000語のうち私が意味を知らなかったのは71語でした。


次に、この本の斬新な特徴は、複数の例文をスクリプト風に
1つの文章としてまとめた
という点でしょう。

単語の意味を理解するには例文が欠かせませんが、
単語のコアイメージをより深く知るには文脈の中でその
単語の意味を理解することが必要です。

ただし、単語本で完全にスクリプトにしてしまうと、
文の中に接続詞や代名詞が入り込んできてしまうので、
1つ1つの文の独立性が損なわれるという欠点がありました。

そこで、この本では1つ1つの文が単独で例文として成立し、
かつ、文全体としてのまとまりと話の流れができるように、
工夫をしています。これはかなり画期的なアイデアです。

う〜む、自分でも良く分からない説明ですね・・(汗)
興味の湧いた方は是非、本屋で手に取ってみてください。

それと、イ・イクフン学院がそういう意図でこのような構成
にしたのかどうかは分かりません(大汗)
今度、編集者に確認してみよっと。


他にもこの本の特徴としては、TOEIC本としては異例の
フルカラーだったり、QUIZやPart5&6風の問題が付いて
いて、受験者を飽きさせない工夫が満載です。

そして、何と言ってもユニークなのは漫画が付いている
という点でしょう。この漫画、登場人物がTOEIC頻出
単語を使って会話をするんですね。

つまり、漫画を読みながら、自然に単語のイメージを
身に付けさせるという意図
なのでしょう。

えっ?かなり無理がありますか??

でも、実際に読んでみると、自分が理解していたはずの
頻出単語のコアイメージが、「そうだったのか!」という
のがいくつもありました(汗)


この単語本はまだまだ奥が深いですしブログネタも満載です。
今後、また折に触れて取り上げていこうと思います。

あっ、もちろん71語については7月の公開テストまでには
きっちりと復習してマスターしておきます(キッパリ)。


<追記>

最速レビューを目指したのですが、既に、尊敬するYutaさん
親愛なるのんちゃんが記事にされています。
そちらも是非、ご覧ください。



*****

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
僕も今日、本屋で見かけました!

確かに、内容の濃い感じの本でした。OJiMさんの説明、よくわかりますよ。今までのTOEIC単語本とは趣旨が違う感じですね。

極めろシリーズ、解きまくれシリーズなど、既成概念にとらわれず、挑戦的な本を世に送り出そうとするスリーエーネットワークが素晴らしいなと思ってます。
ドラッカーで言うところの「顧客の創造」ですね★

ただ、今は新しい本をトレーニングする時間的余裕がないですね(ノД`)
ツウクン
2011/07/03 23:08
OjiMさん、おはようございます。

のんさんのブログで欲しくなっちゃったなあとコメントしたんですが、これを見てさらにほしくなっちゃいました。

>この本では1つ1つの文が単独で例文として成立し、かつ、文全体としてのまとまりと話の流れができるように、工夫をしています。これはかなり画期的なアイデアです。

これって、DUO風なTOEIC専門単語集みたいなイメージなんですかね?
スリーエーネットワークの本は近くの本屋にないので、手に取って見てみたいのですが、そのためだけに電車に10分ほど乗る気もおきずに、いつも躊躇しちゃうんですよね。
だから、皆様のレビューにはとても、感謝しています。ありがとうございます。
のんたろう
2011/07/04 10:08
ツウクンさん、

連続コメントありがとうございます!

>確かに、内容の濃い感じの本でした。OJiMさんの説明、よくわかりますよ。

安心しました(笑)

>極めろシリーズ、解きまくれシリーズなど、既成概念にとらわれず、挑戦的な本を世に送り出そうとするスリーエーネットワークが素晴らしいなと思ってます。

イクフンシリーズに加えて、トリプル10など最近のスリーエーネットワークはヤバイですね♪
年内にまだまだ新刊を準備しているという噂もあるので、目が離せません。現在手持ちの本をしゃぶり尽くして、新刊を待ち受けるくらいになりたいものです^^

>ドラッカーで言うところの「顧客の創造」ですね★

おおっ、博学ですね!

>ただ、今は新しい本をトレーニングする時間的余裕がないですね(ノД`)

あまり手を広げず、手持ちの本を繰り返し解いて、そしてしゃぶり尽くしてください!
OJiM
2011/07/04 22:14
のんたろうさん、

>のんさんのブログで欲しくなっちゃったなあとコメントしたんですが、これを見てさらにほしくなっちゃいました。

アマゾンでポチしちゃってください(笑)
かなりボリュームのある本ですが、パワフルなのんたろうさんならいけそうですよ!

>これって、DUO風なTOEIC専門単語集みたいなイメージなんですかね?

DUOはやったことが無いのでわかりませんが、DUOが受験英語の定番であるように、この本がTOEIC単語本の定番になる可能性は十分にあると思います。

>だから、皆様のレビューにはとても、感謝しています。ありがとうございます。

記事にはあえて抑えて書いたのですが、この本はかなり気に入ってます^^
まずは未知の単語を身に付けるのを最初の目標にしようと思いますが、それ以外の部分はじっくりと時間をかけて味わい尽くそうと思っています。

参考になるような気づきがあったら、その都度記事にしていきますね。
OJiM
2011/07/04 22:24
前田大先生がビデオにて長い「紹介」をしています。
本人は宣伝でなく紹介と言ってますが、立派な宣伝です。普通は長々と宣伝なんか聞きたく無いものですが、あの方の話は飽きませんね。

本屋でチェックして見ましたが、確かに新しい発想で書かれた本で面白いと思います。
但し、余り色んな本に手を出すのもと思い・・・
躊躇してます。
おいどん
2011/07/05 07:51
監督の記事を読んで、迷わずポチリました!
tomo
2011/07/06 00:05
私もポチしちゃいました!
早く届くといいな
yuki
2011/07/06 17:40
おいどんさん、

>前田大先生がビデオにて長い「紹介」をしています。

まだ見ていませんが、前田先生のことですから、独特の視点でマニアックに語っておられるのでしょうね(笑)

>本屋でチェックして見ましたが、確かに新しい発想で書かれた本で面白いと思います。

単語本というのはどうしても無味乾燥なものになりがちですが、これだけ色んな仕掛けがあると楽しめそうですね。

>但し、余り色んな本に手を出すのもと思い・・・

私も実は・・・なんですが(汗)
でも、TOEIC本というのは旬があるので、思い切って取り組んでみることにしました。
OJiM
2011/07/06 21:19
tomoちゃん、

ブログの記事を読んでいると、今、すごく乗ってる感じがするので、きっと出来ると思うよ!

ともに、やり切ろう!
OJiM
2011/07/06 21:21
yukiさん、

クルム伊達さんの「ライジングショット」並みの速攻ですね!なんか、最近スゴイ勢いを感じます。

でも、私を追い越したりはしないでね
OJiM
2011/07/06 21:24
出張先から失礼致します。
7/2に茶水で買いました。
早速切り裂き、パンチ穴を開けて、1日1つで3つ目です。
最初はなんだろうと思いましたが、どうも、
単語本と思えなくて、Reader本かと。

| 文全体としてのまとまりと話の流れができるように

単語を含む、文だけでなくって、章として1つの文章として構成する、そのことで、
- Part.4の練習、あるいは
- Part.7の読解
に対しても意識したと感じました。

* HARD側で、気付いた内容を書いていきます。
* 音声の構成には不満が有ります。やっぱ、音声編集しないと...(Aファイルの構成が不満です。)
無頼豚@出張先ネカフェ
2011/07/06 22:27
無頼豚さん、

>早速切り裂き、パンチ穴を開けて、1日1つで3つ目です。

速攻でカスタマイズしてますね!

>単語本と思えなくて、Reader本かと。

確かに、ヒロ前田先生もそうおっしゃっていました。語彙だけでなく、TOEICに頻出のストーリー展開も学べますね。

>* HARD側で、気付いた内容を書いていきます。
拝見させていただきます。

>* 音声の構成には不満が有ります。やっぱ、音声編集しないと...(Aファイルの構成が不満です。)

一まとめになってるという点ですね。
単語本の場合、数がおおくなるので仕方がないのかなあとも思いますが。
OJiM
2011/07/08 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
極めろ!TOEIC TESTに出る究極ボキャブラリー1000 レビュー OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる