OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS TOEIC目標達成に向けての課題と対策(Part2編)

<<   作成日時 : 2011/01/08 09:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 8

Part2は純粋にリスニング力が試されているパートだと思います。

最初の1語に意識を集中する、問題文で聴こえた単語を含む
選択肢は間違いとかのテクニックのようなものは存在しますが、
それらをいくら磨いてもスコアは上がりません。

また、Part2は会話が自然に流れる選択肢を選ぶのが原則
と言われていますが、問題文と選択肢が聞き取れて理解できて
いれば、常識の範囲で正解は選べる
と思います。

前回の公開テストでは全問正解でしたが、受験後の感触では、Part2
で数問あやふやな問題があったので、消去法で解いたものが運よく
正解になったのだと思っています。

Part2における今の私の課題は、苦手な語法を1つずつ克服
していく事です。

L400の頃は、音が聞こえないことがよくありました。
今は、音は聞きとれていても、文の意味が瞬間的に分からない語法
があるからだと思っています。

例えば、こういう問題。

Should I turn the office light off ?

音として聞き取れてはいるし、単語の意味は全て分かっている。
読めば、この英文の意味は理解できる。

にも関わらず、聞いた時に瞬間的に理解できないのは、
こういう語順で構成される英文が苦手なのだと思います。

ちなみにこの英文でひっかかるのは、turn と off の間に
the office light が挟まっているところ。こういう語法があると
知識としては知っていますが、聞いた瞬間にすっと理解
できないという意味で、「苦手な語法」と表現しています。

今やっているのは、模試で間違えた自分の苦手な英文を
ノートに抽出して繰り返し音読するようにしています。

苦手な原因は、語と語のつかながりとか、語順に自分の頭が慣れて
いないだけなので、自分がいつもやっている、英語の語順のまま
英文を理解することを目的とした音読
を繰り返していけば、
聞き取れるようになると思ってます。

しばらくはこれを継続してみようと思います。

ブログ的にはネタになりにくいので、経過報告はあまり出来なさそうですが(笑)

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
30日で英語耳になる方法
このページから1名の方が購入されました。 今日は、「30日で英語耳になる方法」... ...続きを見る
夢のマニュアル
2011/01/13 17:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これはPart 2独占インタビューに値する
記事です とてもよく 難しい面を
紹介されています さすが OJiM's監督です
ぼくいまPart 5を4,5日やってますが
またListeningもやりますので
ぜひみて、あっとおもったら コメ感謝します
岡村
岡村ゲゲゲ
2011/01/08 15:54
初めまして、ぴあのと申します。
以前、金井さやか先生のラジオに出られたときにコメントを書いたのですが、何度やっても送信エラーになってしまいましたが、今回はPCを新しくしたのでもう一度トライ!と思いコメントさせて頂きます。

パート2について私がもやもやしていたことを、今日の記事で実に明快に説明して頂き嬉しくなりました。リスニングでは瞬間最大風速的ですが、490とったことがありながら、11月TOEICではパート1、2で惨敗し445でした。特にパート2が不出来でした。ディクテーションしても聞きとれているのに、自分の中にすっきり英語として入ってこない英文があるのです。その対策をどうしたらいいかと、イクフン本のパート1,2対象本を買って取り組んでもみています。

今日の記事で、そうか!原因は「音は聞きとれていても、文の意味が瞬間的に分からない語法
があるからだ」とわかりました。原因を分析しないままやみくもに問題をといていても解決になりませんよね。タイムリーな記事、ありがとうございました。

初めてのコメントが長くなりすみません。
今後ともよろしくお願いします。
ぴあの
2011/01/08 16:18
OJiMさん、こんにちは。

またまた、Part2の記事ありがとうございます。今後の学習の参考になります。
なるほど、慣れていない語法があると聞き取り難い。この説明に非常に共感しました。

現在、リスニングを鍛えるために、公式問題集のPart2のディクテーションを始めました。語法に慣れていない文章はなかなか正確に書けません。でも慣れない語法がどれなのか確認できるようになりました。

リスニング満点への道のりの記事の続編、楽しみにしています。
うみぶたきっく
2011/01/08 23:28
岡村ゲゲゲさん、

はい、ありがとうございます!
ゲゲゲさんのPart5役にたちますね。
いつも、あっという気づきがあります。
また、コメントさせていただきますね。

Listeningも楽しみにしてますよ♪
OJiM
2011/01/09 11:19
ぴあのさん、
はじめまして&初コメントありがとうございます!
以前は、せっかくコメントいただいたのに、エラーとなってしまったそうでゴメンナサイ。

>パート2について私がもやもやしていたことを、今日の記事で実に明快に説明して頂き嬉しくなりました。

こういうコメントをいただけると、本当に嬉しく思い、また、これからも一生懸命に考えて記事を書こうという気持ちになります。ありがとうございます。

Part2で音は取れても、意味が取れない原因の1つは「苦手な語法」にあるというのは、自分としてはかなり確信のある仮説です。
これを「得意な語法」に変えていくトレーニングとしてとりあえず、音読をあげましたが、他にも良い方法はないかなと思っています。

なにか、ぴあのさんもアイデアや実践された事があれば知らせてくださいね。

これからも、よろしくお願いします。
OJiM
2011/01/09 11:25
うみぶたきっくさん、

公式問題集のディクテーションはすごく有効だと思います。

>でも慣れない語法がどれなのか確認できるようになりました。

何と言っても、これが認識できるようになることが今後のトレーニングにすごく役立つと思うのです。苦手な語法だけではなく、苦手な連音(リエゾン)に印をつけておいて、そこを『意識』して音読、オーバーラッピング、シャドーイングなどを繰り返した結果、私はかなり聞こえるようになりましたよ。

がんばってください!
OJiM
2011/01/09 11:31
OJiMさん、こんばんは★

今回の記事、非常にプラスになりました!
仰っておられることがすごくシックリきました!

僕は、アスキーの英語耳とディクテーションをひたすらやってきたお蔭か、音はわりと聞こえるのですが、文頭から一瞬で聞き取れない(処理が間に合わない)ということが多いです。

それは結局、文頭から聞こえた瞬間に処理できるボキャブラリーや文法・語法のストックがまだまだ少ないってことかなと(~∀~;)

そう思って、この半年間、リスニングに関しては公式問題集Vol.3・4だけを、文頭からチャンクで理解しながら、ひたすら何度も音読とオーバーラッピングを繰り返してきたお蔭か、11/28に785(L390/R395)取れました。

しかし、まだまだ、確実に聞き取れている割合は少ないです。どのパートも、聞こえた単語で推測して正解している部分がまだまだある気がします。

今回の記事を拝見させていただいて、僕も「苦手な語法を1つずつ克服」していこうと思いました。

OJiMさんのような、高得点を取得されてる方の、こういった詳細な分析や勉強法というのは、TOEICの問題集や参考書、勉強法本にはなかなか記載されていないので、非常に助かります。

ありがとうございます<(_ _)>
TSU-KUN
2011/01/10 01:06
TSU-KUNさん、
長文のコメントありがとうございます!

TSU-KUNさんが実践されている、ディクテーションで音を覚えることから始めて、音読、オーバーラッピングで意味を理解する方法は、とても理にかなった良い方法だと思います。私もこれまでほぼ同じような方法を実践してきました。

記事でも書きましたが、Part2は音が取れて、意味が理解できれば正解を選べるはずなので、今のトレーニングを続けていけばまだまだスコアは伸びるのではないでしょうか?

時々、新規の問題を解いてみて、自分の弱点を見極めるとより効果的なトレーニングができると思います。

がんばってください!
OJiM
2011/01/10 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOEIC目標達成に向けての課題と対策(Part2編) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる