OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 音読と筆写

<<   作成日時 : 2010/10/07 22:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

生ビールには串カツ、
ポニーテールにはシュシュが欠かせないように、
私の音読には、筆写が欠かせません

筆写を音読と合わせてやることで、
音読の効果がさらに高まるのではと思っています。

音読って繰り返し、例えば30回くらいやると目にも、
口にも、耳にも馴染んできますよね?
100回くらいになると、しみ込んできているのが分かります。

でも、音読の後で筆写をしてみると何回も音読している
割には、実はいい加減に読んでいるんだなと思うことが
良くあります。

私の筆写のやり方は音読スクリプトの1文を読んで、
次に、スクリプトを見ないようにしてその1文を書いてみます。

そうすると、すらすらと書ける文と、詰まったり間違えたり
する文が出てきます。

その間違えたところこそが、適当に音読している箇所なのです。

その部分をあらためて見てみると、
あっ、こんな語法もあったんだ」とか、
こういう場面で、未来進行形が馴染むんだな
というような気づきがあります。

そういう気づきがあった後で、そのスクリプトを音読してみると、
より一層その英文が生き生きとして浮かび上がってきて、
記憶にも定着しやすくなるような気がします。

筆写は時間がかかるので毎回出来てはいませんが、
これを音読のように毎日の習慣にできればかなり
良いトレーニングになりそうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
岩村圭南先生のトレーニング、「read and write」ですね。これは私もすごく良いトレーニングだと思います。

うちのこども達は完全なる「耳コピ」で読むので、「自分で勝手に作り替える」という域に達していませんが、塾のお子さん達(うちの子よりずっと難しい文をすらすら読めます)は、細かい箇所を作り替えることが多いのです。3単現のSを抜かすのが一番多いかな。あとは前置詞を抜かしたり。私のような鬼先生(笑)がいない場合は、read and writeで修正していくと効果的だと思います。

ちなみに教材は何ですか?Part3やPart4で練習されているのかしら。

izumi
2010/10/09 06:34
izumiちゃん、

>岩村圭南先生のトレーニング、「read and write」ですね。

まさにそうなんですよ。圭南先生が言っている、読む、書く、聞く、話す、4つの技能を使って英語の筋肉を鍛えるというのはこういう事なのかと最近になってわかってきたような気がします。

>私のような鬼先生(笑)がいない場合は、read and writeで修正していくと効果的だと思います。

鬼先生に直接ビシビシと鍛えられた方が、read and writeよりも100倍くらい効果的で楽しいと思います^^;

ちなみに、教材は以前から変わらず「入門ビジネス英語2008年版」です。
OJiM
2010/10/10 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
音読と筆写 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる