OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS The quest for TOEIC Part7 #3

<<   作成日時 : 2010/07/17 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

語彙について書き出したものは大きく2種類に
分類することが出来ました。

A )そもそも意味を知らなかった
B )基本語彙だけど文脈に合った意味が分からなかった


Aはいわゆる語彙力不足ですね。
その単語の意味を知らないと正解を導き出すのが
困難になるほどの「重要単語」を実は知らなかった
のを思い知らされました。

それ以上に問題だと思ったのはBです。
例えばこんな単語です。

・business : 商売、仕事
・grade : 等級
・figure : 姿、形、数字

いずれも基本単語です。私が認識していたのは右に
書いたような意味で、問題を解いている時には、
何となく文脈的に違和感を感じながらも、あっさりと
読み進めていたのです。

そして、答え合せをした後に、じっくりと読み直してみて
和訳や辞書などで確認した文脈に沿った意味は以下の
ようなものでした。

・business : 企業
・grade : 成績
・figure :

Part7が読めたようで、実は読めていないのはこのような
基本的語彙の意味の取り違いが原因ではないでしょうか?

この認識のズレが、本文を読む精度とスピードに影響を
及ぼしていて、それが結果的に正解の選択肢を選ぶこと
を出来なくしている
のです。

私のquestはまだ始まったばかりですが、AとBの対策は
ASAPで始めなければなりません。
その辺りはまた、別記事で紹介しようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、OJiMさん。Mixed JESと申します。初めてコメントさせて頂きます。
記事に書かれていた内容、私も非常に共感できる部分が多いです。解釈を間違えて、問題をミスすることが私は多々あるのですが、どうすればよいのか悩ましいものです。「解釈できたつもり」にならないようにこれからも多くの英文に触れていくしかないと私は思っていますが、OJiMさんがどうされるのか気になるところです。この問題の対策に関する記事のUPを楽しみに待っています。
Mixed JES
2010/07/17 19:45
監督、こんばんわ。
今はまだ家です。土曜日がスピコン、そして日曜日が地味目な名古屋観光です。公開試験当日は名古屋で応援しています。
語彙は奥が深いですね。早く気づけばひっかからないで読めるようになり、時間も節約できますね。ある程度の量をこなせば、パターンが見えてきてわかるようになるのではないでしょうか。慣れるように慣れよ、かなって思うのですけど。私も試行錯誤の学習者です。
あかつき
2010/07/17 20:07
>基本語彙だけど文脈に合った意味が分からなかった

なかなか対策らしい対策をとりにくい分野ですよね。基本語を収録した単語集だったら、素通りしてしまう可能性がありますから。。。

実はTOEICで登場する基本語彙の使われ方を考えることは、僕がブログを始めた理由の一つです。自分のブログの宣伝になって恐縮ですが、businessについては記事にしたことがあります。
http://ameblo.jp/expe/entry-10364888205.html

businessが「事業」「営業」「取引」という意味で使われる場合、不加算名詞です。可算名詞として使われる場合は「会社」や「企業」の意味となります。特にTOEICでは、small businesses(中小企業)とかlocal businesses(地元企業)と使われることが多いようですね。

…と自分で記事を書いておいて、今ではすっかり忘れていますが(恥)questが必要な単語があれば、是非requestしてくださいね!!しつこいとは思いながらもなぜか満足気(笑)
Yuta
2010/07/17 21:46
おはようございます。
英語ネタに反応します。

私の場合これが多いのですが(笑)
>A )そもそも意味を知らなかった

>・figure : 人
は知りませんでした。先日何かで見かけたのが「water」(水を撒く)です。
英語学習初期のことはaddressはショックでした。(動詞になるなんて・・・)
text:メールする
なんてのも日本人の感覚ではビックリです。
ちゃんと理解したいと思います。

arbee
2010/07/18 05:58
話の焦点が語彙になってきてワクワクしてます。
引き続き、検証をお願い致します。
masamasa
2010/07/18 22:17
Mixed JESさん、
訪問&初コメントありがとうございます!

「解釈できたつもり」現象は英語学習者にとっては共通の問題で、悩ましい問題ですね。
その原因は決して1つではなく、また人によっても原因の依存性は異なるのでしょうが、「私の場合は」どうやら語彙力の問題が大きいといえそうです。

Mixed JESさんのブログ、「今日のTOEIC,明日の英検」も拝見させていただきました。

これからもよろしくお願いします。
OJiM
2010/07/19 17:01
ちかさん、
そうでしたか、名古屋は来週でしたか。
スピコンがんばってくださいね。

語彙力の強化に関しては、いろんな考え方、やり方があると思いますので、これからもアイデアやアドバイスをよろしくお願いしますね!
OJiM
2010/07/19 17:03
Yutaさん、
ブログの記事拝見させていただきました。
これから、Yutaさんの事は、「師匠!」と呼ばせていただけますでしょうか(笑)

基本語彙の重要性について、かなり早い時期から深い考察をされていたんですね。あらためて1つづつ拝読させていただきます。

businessは可算、不可算で使い分けられていたんですね。私が今、ディクテーションに使っている教材の中でオバマが「businesses and consumers」とスピーチしていますが、この場合も「企業と消費者」という意味で使われていました。

今後、疑問が出てきたらrequestさせていただきますね!
OJiM
2010/07/19 17:11
arbeeさん、

私も、「そもそも意味を知らなかった」がかなりありましたよ(汗)

さて、「water:水を撒く」ですが、これはPart1に出てきますので、TOEIC的重要単語ですね(笑)

ビックリした経験と共に覚えた英単語の使い方はいつまでも定着しそうですね。
OJiM
2010/07/19 17:17
masamasaさん、

ついに、語彙問題に手を付けはじめてドキドキしています(笑)
この検証は気づきもたくさんあるので、トレーニングとして定着させてもいいかなと思うのですが、1つだけ難点があって、「とても疲れる」のです。今さらながら勉強体力不足も痛感しております(汗)
OJiM
2010/07/19 17:21
7月前半までできないながらになんとかやっていた貿易実務英語には、TOEICでよく出てくるけど、貿易特有の意味っていうのがあってこれが私にとってはなかなか曲者でした。
outstanding:「未払いの」
award :「(仲裁などの)裁定」
average:「海損」 など。 

TOEICでは、「ずばぬけた」「賞品」「平均の」なので、この訳がすぐに頭に浮かんでしてしまって、長文の意味が全くわからないことがよくありました。凝り固まった発想はダメだなと反省しきりでした〜。

でもoutstanding「未払いの」はTOEICのPART7で出てきてもおかしくなさそうですね。
AKKO
2010/07/21 01:19
AKKOさん、
貿易実務英語はかなり専門的な用例が出題されるのですね。でも、こういう幅広い語義を覚えるというのは、その単語のコアイメージを覚えるのに役立つと思います。すごくいいトレーニングですね。

>outstanding「未払いの」
これは、TOEIC本には割りとよく出てくる語義なのですね。実際に出題されたかどうかは分かりませんが^^;
OJiM
2010/07/21 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
The quest for TOEIC Part7 #3 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる