OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS a bunch of の謎

<<   作成日時 : 2010/04/13 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

かなり久しぶりに仕事時間中にネイティブの英語を聞く
機会がありました。
セミナー形式だったのでこちらから話す機会は無く、
一方的に聞くだけでしたが、新しい知識が得られて、かつ、
リスニングの練習にもなってラッキー!でした。

さて、以前から気になっていたのですが、社内でネイティブ
が話していると以下のフレーズを良く使うのです。

a bunch of

文脈からすると、「たくさんの」という感じです。
私のOALDで近い意味を探すと、
a large number of things
と定義されているので、要はmanyでしょうか?

会話の中で「何かがたくさんある」という事を言う機会は
多いので、a bunch ofはかなり「たくさん」使われます。

でも、a bunch ofって英語学習教材には登場しませんよね?
受験英語の時も出会った記憶は無いですし、
TOEIC関連の本でも見かけたことはありません。

なぜなんでしょうか

最近の言い回しなんですかね?
あるいは何か特別に意味があるんでしょうか?

いずれにしても、manyと言わずにa bunch ofって言うと
何だかオサレな感じなのでマスターしたいと思う今日この頃です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
私の英熟語帳を公開しますという本によると、花一束という例が出てます。
ちょうど先日読みまして…。
cozymoon
2010/04/13 23:03
こんにちは。
a bunch of folks 人々の集り
というフレーズが実践ビジネス英語の4月号に出ていましたよ。
私も始めて知ったのですが、良く使うフレーズなんですね
keinnn
2010/04/14 08:37
貴重な情報をありがとうございました。
類似例として
an avalanche of chocolate を見たことがあります。バレンタインデーを思わせる光景ですね。誰の?控えさせていただきます。
以上、そうめいではなくめいそう(迷走)ぎみのあかつきでした。
あかつき
2010/04/14 20:48
こんばんは、OjIM監督。ご無沙汰しておりました。
3月のTOEICでは最高得点を更新されたそうで、ただただ感心するばかりです!
え、私ですか?リスニングのあまりの出来のすんばらしさに、富士の樹海まで旅に出ようかと思っていました(苦笑)

さて気分を取り直して、このフレーズは特定の語を修飾するのをよく見ます。その語とはずばり、keyとflowerです。通常は『束』という意味で使われますが、話し言葉としては、manyの意味でa lot ofと同じように使えます。
この、a lot ofや「その通り!」という意味のExactlyやabsolutelyは、ネイティブによっても口癖が決まっており、つい同じ語がでるみたいです。(このときばかりは、同一の語の繰り返しも気にしてないみたいです、なにせ癖ですから(笑))
少なくとも私の友人のネイティブ達は、この語を口癖として頻繁には使用しないですね。
その方の口癖なのか、その人が興味ある有名人が頻繁に使用する、とかじゃないかと、チョー適当に予想しておきます(笑)
みかん星人
2010/04/14 21:16
cozymoonさん、
>私の英熟語帳を公開しますという本によると、花一束という例が出てます。

一束っていう感じはこのフレーズのコアイメージにあるようですね。
早々に、情報いただきありがとうございます。
OJiM
2010/04/14 22:47
keinnnさん、
初コメントでしたでしょうか?
ありがとうございます。
実践ビジネス英語に出ていたってことは、やはりビジネス英語として一般的なフレーズなんでしょうかね?

今後もよろしくお願いします。
OJiM
2010/04/14 22:49
ちかさん、
>an avalanche ofchocolate

こんなフレーズもあるんですね。

>バレンタインデーを思わせる光景ですね。誰の?控えさせていただきます。

私も、かつてはavalancheな頃もあったのですが・・・

以上、妄想でした。

OJiM
2010/04/14 22:51
みかん星人さん、

ご無沙汰ですね。みかん星の方では、反政府派のデモが激しくなっているとの情報があったので、心配しておりましたが、ご無事でなによりです。

>リスニングのあまりの出来のすんばらしさに、富士の樹海まで旅に出ようかと思っていました(苦笑)

早まってはいけませぬ。いずれは、みかん星を統率するお立場であることを今一度ご認識されてください。

>その語とはずばり、keyとflowerです。

単に、使用される頻度で判断するのではなく、コロケーションの面でとらえる必要があるということですね。

キーワードがkeyとflowerですか。お家再興の日は近そうですね・・。

OJiM
2010/04/14 23:03
OJiMさん こんばんわ。
タイトルを見てバナナ!と叫んでしまいました…
たくさんの〜 の用法ではありませんが、海外の教材では数え方の単位のところで見ます。グレープとか花とか。
ああ バナナ食べたい…

オーストラリアではセーラームーンみたいなのもbumchsて言っていましたよ〜^^
アラフォ〜M
2010/04/14 23:05
アラフォ〜Mさん、
a bunch of と言えばバナナなんですね!
そういう言語感覚って学習で身に付けるのは難しいですが、実体験が伴うと印象に残りやすいですよね。

バナナ食べちゃってください!

OJiM
2010/04/14 23:13
すみません!タイポしました。
×bumchs→○bunches=おさげみたいな(二つにシバった)ヘアスタイルです。

バナナいただきます^^
アラフォ〜M
2010/04/14 23:57
アラフォ〜Mさん、
>×bumchs→○bunches=おさげみたいな(二つにシバった)ヘアスタイルです。

キライじゃないかも?bunches...(爆)

公開テストの前のバナナもおススメですよ!
OJiM
2010/04/15 00:08
手元の辞書を確認してみたところ、LDOCE、COBUILD共に、"a (large) numbe of"という意味での"a bunch of"はINFORMALとありますので、TOEICや受験英語では出てこないのではないでしょうかね。

ちなみに、今日(既に昨日ですが)、たまたま読んだマーティ・フリードマンのインタビューの中で、マーティは、上記意味合いのものと思われる"a bunch of"を使ってました。

http://www.ibanez.co.jp/artist/interview.php?interview_id=37

また、これもたまたまですが、先ほど見ていた刑事コロンボのエピソード30(1975年放送)の中で、ちょい役の刑事が、上記意味合いのものと思われる"a bunch of"を連発してましたので、最近の言い回しという訳でもないようです。
積読亭
2010/04/15 02:35
OJiM さん、ご無沙汰しております。渥美クライマックスです。更新を毎回楽しみに拝見しております。

"a bunch of"、私もアメリカに来て使うようになったフレーズです。私の感覚では"a bunch of people"(大勢の人達)のような場合で聞くことが多く、あまり物に対する形容では聞かないですね。"I've seen a bunch of people walking down the street."のような感じです。あと、かなりの口語表現ではないかと思います。私の覚えている限りでは、大学のテキストには出てきません。

感覚値での話ばかりで恐縮ですが、参考にしてもらえると幸いです。次の日曜日ハーフマラソンなので頑張ります。笑
渥美クライマックス
2010/04/15 13:45
積読亭さん、
わざわざ辞書で調べていただいてありがとうございます!そうですか、TOEICには出ませんか・・。ちょっと残念です(汗)

>マーティは、上記意味合いのものと思われる"a bunch of"を使ってました。

確かにいっぱい使ってますね。それにしてもibanezですか。渋いサイト見てますね^^

刑事コロンボのコンプリートBOX買ったんでしたっけ?いいな〜。私も英語の勉強ということにして買っておかなきゃ。
OJiM
2010/04/15 22:28
渥美クライマックスさん、
ご無沙汰しております。
いつもご覧になっていただいていたとは・・、ありがとうございます!

>あと、かなりの口語表現ではないかと思います。
やはりそうですか。記事にした後、気になってあれこれ調べてみたのですが、アメリカの口語表現という説明がいくつかされていました。
私の社内で使っている人達の事を考えると、なるほどと思いました。

さて、ハーフマラソンにいよいよチャレンジですか!良いレースになるといいですね♪
いつか機会があれば、TBRのメンバーとしてご参加ください。
OJiM
2010/04/15 22:35
Ibanezのサイトは見たのは、ほんとたまたまです。Ibanezが日本メーカーのブランドということすら知らなかったくらいですから(汗)。

『刑事コロンボ完全版 DVD-SET』については、Vol.1は購入したのですが、その後、レンタルビデオ屋に全セットが入荷されたので、残りは、100円レンタルで済ませてます(汗)。全部見るにはまだまだ時間がかかりそうですが。
ちなみに、刑事コロンボで使われている英語は多少古いみたいなので、英語学習用として利用するには若干注意が必要かもしれません。英語学習が単なる口実であれば問題ないですが(笑)。
積読亭
2010/04/16 13:03
積読亭さん、
刑事コロンボは昔、大好きだったのでもう一度全部見直してみたいとも思っていますし、DVDを手元においておきたいなとも思っています。

>英語学習用として利用するには若干注意が必要かもしれません。

大丈夫です。「フレンズ」も聞き取れない私ですから、訛りのきつそうなピーターフォークの英語を聞き取ろうという無謀なことはしないとおもいます
OJiM
2010/04/17 11:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
a bunch of の謎 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる