OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Kateについて

<<   作成日時 : 2010/03/27 11:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

BBC Learning English 6 Minute English

番組はDanKateの会話で進行していくのですが、
以前から気になっているのはDanがしきりに"Kate"と
呼びかけているのです。

I want to ask you Kate ...
What does he mean here Kate?
He uses some quite complicated words here Kate.

番組の中ではDanが話す相手はKateしかいないので、
"Kate"と言って特定する必要は無いのですが。

日本語だとこんな感じでしょうか?

「聞きたいことがあるんだけどさぁ、ケイト」
「彼はどういう意味で言ってるの?ケイト」
「彼は、けっこう難しい言葉を使っているね、ケイト」

うーむ、ちょっと違和感がありますね。
日常会話でも相手の名前をこんなに連呼しないですし、
テレビやラジオの番組でも相手の名前を呼びかけない
ですもんね。

でも、英語で話すときのテクニックとして、文末に相手の
名前を入れるとネイティブっぽく聞こえる
ので、
マスターしたいものですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、こんにちは。
文末に名前を付け加えるとネイティブっぽくなりますね。さっそく使わせていただきます(笑)

特に顔が見えないテレコンの場合にはThis is Yuta.と話しの最初に話者が名乗ることが多いと思います。こうすると誰が話しているか聞き手にわかりやすくなるので親切ですよね。このラジオも同じ感じで、この呼びかけがあるとケイトさんがこれから話すことがリスナーに明確になるのではないでしょうか。それにパートナーのケイトさんにとってもkateという呼びかけがあると、ケイトさんが話し始めてよいシグナル、トランシーバーの「どうぞ」として機能すると思います。

もしかしたらDanさんが結構独裁的な性格で、俺がKateと振るまで気安くしゃべるなとケイトさんいきつく言い聞かせているという可能性もあるかもしれませんが。。。(笑)


Yuta
2010/03/27 12:56
Yutaさん、
さっすがですね!
納得感のある解説ありがとうございます。
なるほど合図なんですね。
確かに英語ネイティブはFirstnameで気安く呼び合ってはいますが、あの番組の中でDanがKateと呼ぶのはそれ以外に何か理由でもあるのかなと思っていたのです。

Danが独裁的な性格かどうかは・・・分かりかねますね

OJiM
2010/03/28 08:47
ちなみに英語のドラマでは、しょっちゅう会話に相手の名前の呼びかけが入ります。
「えっ!?ここで!?」と思う場面もあります。それがきっと自然な英語なのでしょう。

なので、私もネイティブと話すときには名前の呼びかけを入れるようにしています。
子どもが英語の電話レッスンを受けるときには(ディズニーの英語システムを買い、かつ会員になるとついているサービスです)かならずネイティブ講師の名前を確認し、私も子どもも先生の名前を会話に入れるようにしています。
izumi
2010/03/30 13:39
izumiちゃん、
なるほど。
ということは、普段のネイティブの会話においても呼びかけは自然な感じなんですね!

明日からでも会社で日々練習したいと思います。

「おはよう!いずみちゃん!」
「今日、ランチ一緒にどう?さなえちゃん!」
「お疲れさま。軽く飲みにいかない?ひろみちゃん!」・・・

OJiM
2010/03/31 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kateについて OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる