OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Dictation 〜3rd season〜 「その7」

<<   作成日時 : 2010/02/06 12:09   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

フレンズを観ていると、TOEICには出てこない以下のような
表現がたくさん出てきます。

you know , kinda ( kind of ) , just

just はTOEICでも出てくるかもしれませんが、
フレンズにはとにかくたくさん出てきます。

日本語訳不能でなのでしょうが、あえて訳すとこんな感じ?

kinda (kind of ) :みたいな
just :ちょっと
you know :あの〜

いずれも、表現を柔らかくしたり、間をもたせたりする言い回し
のようなものでしょうか。

そして、これらの表現を日本人が使っていたりすると俄然、
ネイティブっぽく聞こえたりするんですよね。

それと、gonnaとかwannaとか使っている同僚も妙にネイティブっぽく
聞こえます。


でも、ネイティブからみて、日本人がこういう言い回しを得意げに
使いこなすのを聞くとどう聞こえるものなのでしょうか?

例えば、こんな日本語を話す外人のように聞こえるのでしょうか?

「あの〜、ちょっとね僕ね、昨日居酒屋に行ったんだけどね。
そこで、あの〜、ナンコツから揚げちょっと食べてみたんだよね。
そしたら、マジうまい、みたいな?・・・・」

可笑しいけど、ちょっと嫌ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、こんにちは!

you know , kinda ( kind of ) , just
こういう表現、最初に読んだshopaholicにも出てくるけど、今読んでいるgossip girlにもよく出てくる気がします。
で、本とかDVDでこういう表現に出会うと、なぜかうれしくなります^^;  伝わってくるニュアンスがシーンの中でなんとなく理解できた気がして、楽しくなるのかもしれないです。
yuki
2010/02/06 13:50
OJiMさん、こんにちは!

>それと、gonnaとかwannaとか使っている同僚
>も妙にネイティブっぽく聞こえます。

まったく同感です。私の同僚もよく使ってますが、妙にネイティブっぽく聞こえますね。

まだまだ、私は使う勇気がありませんが、
先日の出張でyou knowを使ってみたら、
適度な間がうまれるので、話しやすいん
だなって感じました。

コミュニケーションは、リズムが大事
ですよね。
Roger
2010/02/06 15:12
若い人は特にyou knowとlikeをよく使いますよね〜。

English Journalの、スカーレット・ヨハンソンとナタリー・ポートマンのインタビューにも、それはそれはたくさんのyou knowとlikeが出て来ます。すごく聞きづらいし、たとえネイティブでもここまで連発するとちょっとね・・・と思います。

といいつつ、wannaとgonnaは、無意識のうちに自分自身は使っているんですけどね。きちんとしたビジネスの場では避けた方が賢明なのでしょうね。
アメリカ人でバイリンガルの上司もリストラされてしまい、あまり英語で話す機会も(仕事はずっと英語ですが、今の上司とは日本語で話すので)なくなってしまいました・・・

izumi
2010/02/06 18:47
yukiさん、
>伝わってくるニュアンスがシーンの中でなんとなく理解できた気がして、楽しくなるのかもしれないです。

前回の記事でも書いたのですが、これ重要ですね。短いスキットではなく、小説やドラマの話の流れでこそ理解ができるニュアンスってありますからね。

そんな発見があったら、記事にしてみてください。
OJiM
2010/02/06 21:26
Rogerさん、
英語を話している時に、
「あの〜〜」って言うよりも、
「you know〜」って言ったほうが、
それっぽく聞こえるんですよね。

英語は特に、リズムが大切ですね!

OJiM
2010/02/06 21:30
izumiちゃん、
確かに、likeも多いですね。
以前聞いていたNHKラジオでも「最近の英会話ではlike無しには成り立たない」と講師が言っていました。確かに使い勝手がいいんですよ、likeって。

wannaとgonnaは以前はあこがれてましたが、今はちょっと醒めてます。

日常的にネイティブと話せる環境があるかどうかは大きいですよね。
OJiM
2010/02/06 21:34
 a kind of は「〜ってかんじ」と言いたいとき使うようにしていますが、too casual なので使う場面と人間関係を考えたほうがいいかもしれませんね。いずれにしてもあいまいな言い方を好む若者にはしっくりする表現ですね。(私も含めて?)
 いろいろなものを列挙していくうちに行き詰ると、よくsometing like that を使っています。今までに出会ったネイティブの誰かの真似でオリジナルではありません。念のため。
 こういう話題、また取り上げていただけるとうれしいです。話すときに覚えたい表現ですから。
あかつき
2010/02/06 22:05
ちかさん、

>a kind of は「〜ってかんじ」と言いたいとき使うようにしていますが

桃井かおりっぽい雰囲気が出ますね。秋吉久美子とか。(ちょっと違うかな??)

someting like thatは早口でさりげなく言うとカッコいいですよね。
「サムシンライクザッ」って感じで。

こういう小技は使えますね。
OJiM
2010/02/06 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dictation 〜3rd season〜 「その7」 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる