OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Part3とPart4のいずれが難しいか?

<<   作成日時 : 2010/01/26 08:51   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 18

一般的には会話の方が話しの流れが分かりやすいと思われて
いますが、以下のような会話では登場人物の関係が把握しにくく
話の流れが分からなくなり、結果として難しい問題になるのです。

「もしもし、OJiMさんよしこです。名古屋商事の三羽さん
  ロバートのセミナーに参加することになったので、三羽さんとの
  ディナーを一週間延期しました」

よしこちゃん、ありがとう。じゃあ、前に話していたスペインバルに
  一緒に行かない?」

「行きたいけど、今度の日曜日にTOEICがあるから早く
  家に帰って文法特急でもやるわ」

(冗談はよしこちゃんにしてよ・・・)

登場人物の関係というのは、OJiM、よしこちゃん、三羽さんが
エグゼクティブ、秘書、お客様という関係であるという事と、
男がOJiMで女がよしこちゃんであるという事です。

日本語で聞いても何でもない事ですが、これが英語でしかも、
人物名が英語名だとすると途端に難しくなってしまいます。

こう感じるのは私だけでしょうか?

それに対して、Part4は話者が誰かに、あるいは多数の人に
話していることが最初から決まっているので登場人物の関係を
整理するのが簡単です。更に、出だしのところで、
「telephone message」と言われれば、話者と聞き手が1対1の
関係だし、「radio broadcast」と言われれば1対他の関係だと
いうことが決定します。

Part3、4の英語を何の問題もなく聞き取れる力がある人は別として、
何問かを落とす人、つまり大多数の受験者にとってはこの違いは
大きいのではないでしょうか。

以上の理由によって、私はPart3の方が難しいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
激しく同意!
1031
2010/01/26 19:26
私にとってもPart3の方がPart4より難しいです。上のような問題は模試本では時々見かけますが、本番ではあまり出題されないのではないかと思います。
上の会話が仮に出題されたとしても、「三羽さんは誰のセミナーに参加する予定か?」という設問はでなくて、「女は次の日曜日に何をする予定か?」だと思います。
つんつるてん
2010/01/26 21:50
お久しぶりです。
出張から無事帰国しましたが、寒い日本に
まだ体が慣れていません。

私のレベルでは、どちらも難しい
のですが、あえてどちらが難しい
かといえば、やはりPart3ですね。

理由は、OJjMさんが言われるように
Part3は、会話の流れと同時処理で
人物関係の整理をしないといけない
からです。

実際、パニック経験はPart3の方が
多いです。

Roger
2010/01/26 22:20
前はパート4の方が難しく感じましたが、今はパート3よりパート4の方が正解率が高くなってきました。どっちも難しいですが

ちゃんと先読みが出来れば、もうちょっと 心の準備をして聞くことが出来るのでしょうが・・・。

ちゃんと人物関係を把握して、頭の中で整理しながら聞けるトレーニングをしないといけませんね?



しまふくろう
2010/01/26 23:46
理屈は長くなるので省略しますが、
明らかにPart3の方が難しいですね。

逆にこのテーマを取り上げた理由に興味があります。
masamasa
2010/01/27 00:04
「よしこちゃん」て、三つ子のお姉さんかな?
白うさぎ
2010/01/27 07:49
1031さん、
心強い味方が増えて嬉しいです!
今度お会いした時に意見交換しましょう
OJiM
2010/01/27 07:58
つんつるてんさん、
この問題、実は公式問題集Vol.3のTEST1 62,63,64を参考にしました。オリジナルでは、
「女性はなぜOJiMに電話をしたか」
「OJiMは女性に何を頼んだか」
を問うています。

この問題は公式問題集の中でも特に人間関係の把握が難しく、問題として難しいと思っています。

OJiM
2010/01/27 08:06
Rogerさん、
出張お疲れ様でした。
しばらくブログ更新されていないので、多分海外出張だろうなあと思ってはいたのですが。

>会話の流れと同時処理で
人物関係の整理をしないといけない
からです。

まさに、そうなんですよ。
ほとんどの問題は、話者(男、女)の間だけで話が完結しているのですが、第三者が出てくるととたんに難しく感じます。

自分だけかなあと思っていたのですが、やや安心しました。

OJiM
2010/01/27 08:10
しまちゃん、
私も全く同じで、最初はPart4が難しく感じていましたが、だんだんPart3が難しく感じています。正確に言うと、Part3の方が難しい問題が多いというべきでしょうけれど。

>ちゃんと先読みが出来れば

そうですね。先読みができればある程度の関係が整理できると思います。ただ、中途半端に読むと全く違った人間関係のストーリーが出来上がってしまうリスクはありますが・・。

OJiM
2010/01/27 08:14
masamasaさん、
このテーマ、実は以前から「ブログのネタ帳」に書いてあって考えがまとまったら記事にしようと思っていたのです。そんな中、三羽さんがtwitterでこのテーマをつぶやいていたので、取り急ぎ記事にまとめた次第です。
本当はもう少し話をふくらませたかったのですが、それはいずれUPしようと思ってます。
OJiM
2010/01/27 08:18
白うさぎさん、
>「よしこちゃん」て、三つ子のお姉さんかな?
ようやく、突っ込んでくれましたか!嬉しいです。マジで。

このまま、スルーされたらちょっと悲しいなぁと思っていました。
OJiM
2010/01/27 08:22
「ロバート」ってデニーロのこと?
白うさぎ
2010/01/28 07:10
白うさぎさん、
コンテキストでは「デニーロ」も「A ハインライン」も有りだと思いますが、登場人物から判断すると「ヒルキ」の方がしっくりくるかと思います
OJiM
2010/01/28 08:12
「ヒルキ」の方がしっくりくるかと思います
  ↑
あたりまえだのクラッカーですな。
さり気に前田を使うところが渋いでしょう!

追伸
『貧乏父さん・・・』の
ロバート・キヨサキって手もありましたなぁ。

白うさぎ
2010/01/28 20:21
白うさぎさん、
>あたりまえだのクラッカーですな。
>さり気に前田を使うところが渋いでしょう!

お〜い、座布団一枚、白うさぎさんにあげておくれ!

なお、ロバートと言えば、サッカーファン的にはジュビロの「カレンロバート」、酒飲みとしては、「ロバートブラウン」といったところでしょう。
OJiM
2010/01/28 21:57
確か、前田さんとヒルキさんも意見が分かれていたはずですよ。どっちがどっちを難しいと言っていたかは忘れましたが。どっちのパートが難しいかはレベルにもよるのではないでしょうか。初級者のうちは、会話の切れ目が分かりやすく、比較的とっつきやすい内容のパート3の方が簡単だと感じるかもしれません。また、仮に前半の会話が分からなくても、後半で挽回可能です。ところが、パート4は最初に内容がつかめないと、どうしようもありませんし、どこで終わるのかも分からず、全滅の可能性もあります。これが、次第にレベルが上がってくると、会話に第三者が登場するパート3を難しく感じるようになる気がします。男性のセリフなのか女性のセリフなのかを理解して解かなければいけないですし、気を配るポイントが増えますよね。いずれにせよ、この2パートは、満点を狙う受験者にとっても難関であることは間違いありません。
TEX加藤
2010/01/30 00:31
TEXさん、
話の発端は前田さんがPart4、
ヒルキさんがPart3を難しいと言っていたことでした。このブログの記事をきっかけに、ブログのコメントやtwitterで色んな意見を拝見することができました。レベルによって難しさが変わっていくというのは興味深いですね。
それは、つまり、TOEICというテストの奥深さを示しており、よく出来たテストなんだなあとも思います。
自分の目標は、「Part3も4も、どっちも難しくないよねぇ」と言えるようなリスニングレベルに到達することです
OJiM
2010/01/30 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
Part3とPart4のいずれが難しいか? OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる