OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Dictation 〜3rd season〜 「その3」

<<   作成日時 : 2009/12/28 18:08   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

予想より早くEpisode1をやり切ってしまいました。

ここで、ディクテーションの素材としての「フレンズ」を
「公式問題集」との比較で評価をしてみます。
単純に「フレンズ」は難しく「公式問題集」は学習者向けで易しい
とは言い切れないのです。

普段私は「フレンズ」を30秒単位で区切ってリスニングをしている
のですが、30秒間に書き取る単語数は「公式問題集」よりもずっと
少ないのです。


以下は公式問題集Vol.4のPart3とフレンズのある30秒間の比較です。

・公式問題集Part3 :87words / 30sec
・フレンズ       :55words / 30sec

公式問題集では男と女が交互に一定の速度でしゃべり続けますが、
フレンズではセリフの間があるので一定時間内の単語数は少なく
なります。

また、一文の長さも公式問題集は長く、「フレンズ」は短いです。

TOEICでは音声情報しかなく、また状況の説明が事前に無いため
に説明的な会話になりがちです。
一方で「フレンズ」は画像があるのと、会話の背景と流れが視聴者
に分かっているので端的になりがちです。

例えばバーを訪れたシーンで比較すると。
(TOEIC的)
「いらっしゃいませOJiMさん。今日は何を飲まれますか?」
「私は今夜はウィスキーをハイボールで飲みたいです。」

(フレンズ的)
「OJiMさん、今日は何から?」
「ハイボールもらおうか。」

一文の長さは「フレンズ」の方が半分くらいの短さです。

それでも「フレンズ」の方が聞き取りにくいのは、早口でセリフ
が流れていくからです。特にモニカは早口です。
文字にするとこんな簡単な英文も聞き取れませんでした。

Let me get you some coffee.

10回リピートしようが、速度を落としても聞き取れません。
どのように聞こえるかと言うと、

Let me (ぐじゃぐじゃ・・) coffee.

おそらくネイティブも音声を完全に聞き取って理解している
のではなくて、その場面でモニカがカフェのカウンターに
向かって歩きながら「Let me・・・」と話し始めたら、

Let me get you some coffee.

という英文を頭の中で自然に補完しているのでしょうね。


今日までの進捗:22:20/22:20

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャニスという、とても強烈なキャラクターが途中で(シーズン何だったかな)出て来ます。彼女は、ベターッとした話し方をしますが、スピードはゆっくりで聞きやすいです。
レイチェルは比較的聞きやすいですよね。

今回、前回とリスニングは辛うじて495取れましたが、3問も4問も間違ってギリギリの495ですので、私もまだまだ修行が足りません。Rachさんの「シットコムで笑え!」の本をブックオフで購入したので、これを機に心を入れ替えて、もう少し真剣に海外ドラマに取り組もうと思います ^ ^

あ、特急シリーズセミナーの音声ファイルを聞きました。OJiM監督も、その前に質問をされた990点ホルダーの方も、鼻濁音のきれいな日本語ですね〜。お2人とも関東出身の方とお見受けしました。九州出身の私にはできない発音です。
izumi
2009/12/28 19:01
OJiMさんは、もうお休みに入られたということでしょうか?明日まで仕事をしなければいけない僕としては、うらやましいです!!TOEIC萌え擬人化が楽しかったので書き込みしようと思ったのですが、今回のOJiMさんの素晴らしい記事に僕のマニア魂を揺さぶられマジレスしてしまいます。TOEICはexplicitに状況を説明し、フレンズはimplicitな会話が展開するという分析も素晴らしかったですが、最後のくだりの部分をコメントさせていただきます。

最後のくだりの「ネイティブも音声を完全に聞き取って理解しているのではなくて…」の部分ですが、「イディオム原理」と呼ばれる考えがあります。

「英語を含めて言語の世界は、全く自由に表現しているようで、実は、たくさんの「定型表現の組み合わせ」で成り立っていることがわかります。これを、ジョン・シンクレアという、元バーミンガム大学教授は、言語の「イディオム原理」と呼んでいます。」
http://www.asahi.com/english/weekly/special/s02.html

シンクレア教授が提唱しているのは、きっちりしているイディオムだけでなくもっとゆるやかな表現のかたまりも含むんですけど、そういう型を用いて情報をやりとりしているのがコミュニケーションじゃないかなと僕は今のところぼんやりと思っています。ですからOJiMさんがご指摘されたように、どんな型を使っているか了解できれば十分なので、その細かい発音は問われないのではないかと思っています。まあ、僕は専門的に学んでないんで、この説がどれだけ支持されているかなどは把握していませんが。。。

マニアックに書き込んでしまい恐縮です(汗)。OJiMさんがドン引きされずに、このコメントを読んでくださることを祈っております(笑)
Yuta
2009/12/28 19:45
たびたびすみません!

たまたまうちにフレンズシーズン1がありまして(笑)、第1話を見てみました。

あの〜、監督、すみません!
"Let me get you some coffee."
私には聞こえました!
me get youは早口ですが、someはかなりハッキリ発音しています。

英語の文は、日本語と違って強調する単語を強くハッキリ、そうでない部分は弱く早く発音する傾向があるように思います。

英語でしゃべらナイトでやっていた、輪ゴムを使った音読方法は、英文発話の強弱を身につけるには良い訓練だなと思いました。
izumi
2009/12/28 22:22
フィービーもくせものですね(汗
彼女ならそういうかも、とか心構えが必要だし(笑
えみえもん
2009/12/28 22:23
Episode1ディクテーション完了おめでとうございます〜♪
私はフレンズを飛び飛びにしか見ていないのですが、とても早口で短いので、手掛かりがつかみにくい印象を受けました。
ディクテーション、自分も良い方法だと思うので、今度『ディクテ分科会』をお願いいたします^^
豆太
2009/12/28 23:07
izumiちゃん、
確かに俳優による聞きやすさの違いは顕著ですね。男性陣が聞き取りやすいと感じるのは私だけ?

>3問も4問も間違ってギリギリの495ですので、私もまだまだ修行が足りません。

そうやって、自分の課題を明確化してチャレンジし続けられるのはTOEICの良いところですね。来年はリスニング完全解答を目指してください!

>鼻濁音のきれいな日本語ですね〜。

「手の爪がきれいですね〜」とは良く言われますが、発音がきれいと言われたのは始めてです。なんか嬉しいな。
来年は「日本語喉」でもやって、さらに美しい日本語を目指そうかな??
OJiM
2009/12/29 08:19
Yutaさん、
>OJiMさんがドン引きされずに、このコメントを読んでくださることを祈っております(笑)

私が、○○理論、○○の定理、○○の法則、○○予想など好きなことを分かった上で、「イディオム原理」を紹介してくださったんですよね!こういう話、大好きですよ。
Yutaさんのコメントに知的好奇心をくすぐられ、3回読み返しました(笑)

参照先の朝日の記事も興味深いですね。もう少し自分なりに調べてみたいと思います。
OJiM
2009/12/29 08:29
izumiちゃん、
聞こえるんだ〜??
さっすがです!!

>英語の文は、日本語と違って強調する単語を強くハッキリ、そうでない部分は弱く早く発音する傾向があるように思います。

これ大事ですね。
NHKラジオの遠山先生が良く言われているのを聞いて、私も毎日の音読をする時に取り入れるよう心掛けています。
OJiM
2009/12/29 08:36
えみえもんさん、
>フィービーもくせものですね(汗
たしかに、くせものですね。
日本語訳見ても、「何言っちゃってるの??」という発言が頻発してますもん(爆)

でも、実際にこういうキャラの人っていますよね。
OJiM
2009/12/29 08:41
豆太さん、
いつもお祝いコメントありがとうございます!

>とても早口で短いので、手掛かりがつかみにくい印象を受けました。

私も半分くらいしか書き取れないのでディクテーションの素材としてどうかとも思いますが、それ以上にいろんな気付きがあるので気に入ってます。

>今度『ディクテ分科会』をお願いいたします^^
そうですね。やりたい人多いかも。
小さなお店を貸しきって、突然、ディスプレーからフレンズが流れ始める。幹事が紙とペンを配りはじめると参加者は一斉に・・。
OJiM
2009/12/29 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dictation 〜3rd season〜 「その3」 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる