OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 入門ビジネス英語の音読 (その1)

<<   作成日時 : 2009/12/17 21:38   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

記事にはしていませんでしたが実は毎日音読しています。
(音読はディクテーションと違ってブログネタが少ないのです)

8月までは公式問題集の音読をしていましたが、9月からは
入門ビジネス英語2008年版」を教材にしています。

このテキストの構成は1週間に2スキットなのですが、試行錯誤
した結果それだと自分にはペースが早すぎると分かったので、
2週間に2スキットのペースで進めています。

毎日それぞれのスキットあたり10回ずつ、つまり1日に20回音読
して2週間単位で進めていくので、1つにスキットは140回音読する
ことになります。

この教材が気に入っているのは英文のレベルが自分に合っている
のと、外国人(特にアメリカ人)とビジネスでコミュニケーションする
ことを意識してテキストが作られているからです。

例えば、、

I know that our engineers are aiming for 100% reliability.

という例文について、

「単に、Our engineers are aiming for 100% reliability.と言うよりも
このI know thatを加えた表現のほうがお客様の心をつかむでしょう」

なんていう解説があるのです。
コンテキストが無いとこの解説の意味が分からないかもしれませんが
このちょっとしたニュアンスの違いを教えてくれているのです。

仕事でお客さんや、上司、関係部署といったステークホルダーと
コミュニケーションする時には単に伝えたい情報を伝えればいいと
いうわけではなく、その伝え方にこそ気をつかうべき
なんですよね。

そういう実践的な事に気を配ったビジネス英語のテキストはあまり
無いので私はすごく気に入っていたのですが、このテキストは去年
の放送のテキストなのです。つまり、入手困難な本をあからさまに
紹介するのは気が引けていたのですが・・。

ようやく、書籍として発売されました。


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


今のペースでいくとこのテキスト(1年分)をやり終えるのに2年
かかりますが、私の音読のやり方、効果、気づきなどを記事に
綴っていこうと思います。

今週までの進捗 : 14/96 Unit

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、OJiMさん。
OJiMさんもNHKラジオ講座されているんですね!
私も2年半前から、「ビジネス英会話」→「実践ビジネス英語」をやってます。
「ビジネス英会話」時代には、他に「英会話上級」があり、実はそちらの方がアカデミックな内容で好きだったのですが、番組改編の折に無くなってしまいました(涙)
いずれの番組も当時の私にはオーバースペックでしたが(今でもオーバースペックのきらいはありますが(笑))、なんとか続いてます

先日も述べたとおり、現在はその復習作業の真っ只中な訳ですが、完了したあかつきには、必ずや英語力全体の底上げがされているものと期待したりして。
OJiMさんは、私なんかより徹底して1つのスキットに取り組んでらっしゃいますから大丈夫です。間違いない。(先日、銀河インターネット経由で見た、地球人の長井秀和という人物のパクリです)

>私の音読のやり方、効果、気づきなどを記事に綴っていこうと思います。

楽しみにしています。また、意見交換させてください。
みかん星人
2009/12/17 22:12
こんばんは。
our engineer are aiming と続いていますが、engineer は集合名詞でareで受けるのでしょうか?ジーニアス英和辞典では可算名詞になっていたのですが、おしえていただけませんか。
あかつき ちか
2009/12/17 22:16
今朝の電車の中でUnit22をシャドーイングしていました。記事にあるようにこれとってもいいです。微妙なニュアンスの違いや日本人が間違いやすい表現の違いなどを解説してくれます。プラクティス2も発売になったのでさっそく買いました。私も今度記事にします。
つんつるてん
2009/12/17 23:14
こんばんは。

参考になる記事を有難うございます。

今の私が置かれている環境にぴったりの
テキストのようです。

私の今の実力的にはレベルが高いとは
思いますが、さっそく本屋さんで内容を
見てみたいと思います。
Roger
2009/12/18 00:08
みかん星人さん、
実はブログ始めるまえは、私の英語学習のほとんどはNHKラジオ講座だったのです。
「ビジネス英会話」は2007/4に一度チャレンジし始めたのですが、1日で挫折しました。あきらかに他の講座とレベルが際立っていました・・。

>間違いない。
う〜む、銀河インターネットのタイムラグでしょうか。。今、地球でそのギャグを言うと確実にしかとされます。今、地球で流行っているのは「こどもてんちょ〜!」とか「そうしょくだんし!」です。
ぜひ、ミカン星でも流行らせてみてください。

OJiM
2009/12/18 23:51
ちかさん、
タイポでした。
原文は、 engineersでした。

ご指摘ありがとうございます。
OJiM
2009/12/18 23:53
つんつるてんさん、
日常のトレーニングに取り入れられていたのですね!この微妙なニュアンスというのは意識をしていないと身につけていかないと思いました。

>私も今度記事にします。
楽しみです。
OJiM
2009/12/18 23:56
Rogerさん、

>今の私が置かれている環境にぴったりの
>テキストのようです。

そ〜なんですよ!
いくつかの理由でRogerさんにこのテキストを紹介したいと思っていたのです。

近々お会いした時にでもお話しましょう。
OJiM
2009/12/18 23:58
へぇ
「NHK教材を使っている」(なんか市販教材がいっぱいあるから、もうNHKは人気ないのかなと思ってた)
「音読」140回とか、スゴいわ。
えいごっち
2010/01/02 00:19
えいごっちさん、

ブログ仲間にもNHKラジオの教材を使っている人は結構いるんですよ。コストパフォーマンスはすごく高いと思います。テキストだけなら380円だし。

音読の達人の先生は、300回という人もいるようですよ。
OJiM
2010/01/02 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
入門ビジネス英語の音読 (その1) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる