OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 完全先読み・先解きのメリデメ

<<   作成日時 : 2009/11/30 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

151回公開テストで「完全先読み・先解き」を試してみた感想です。
完全先読み・先解き」とは私の造語で、Part3&4の設問が流れている間(約30 秒くらい)に次の問題の設問と選択肢を全て読んでおき、次の会話やアナウンス が流れている間(約40秒)の間にリスニングをしながら選択肢を選び、マークを 済ませてしまう解法の事です。

【メリット】
選択肢が短い問題であれば、設問と選択肢を2回読めるので問われているポイン トだけでなく状況がある程度推測できます。例えば今回のテストで製品出荷のスケジュールが早まった問題がありましたがあれなどは、設問と選択肢からかなり状況と話の流れが想像ができました。

【デメリット】
1.とにかく疲れます。
まず、先読みは聞こえてくる設問を聞かないようにしながら、次の問題の設問を 読まなければならないのでかなりのストレスです。そして、先解きは設問を目で読みつつ、リスニングをして、正解の選択肢を選ん で、回答用紙にマークをするというのはかなり忙しいです。

2.ポイントを聞き逃すリスク
3つの設問のおおよそのパターンはこんな感じです。
Q1:何についての会話か
Q2:○○はいつか?
Q3:男は次に何をするか?

Q1の正解をマークしている間に、つまり回答用紙に目を移している間に、Q2の キーワードが流れてしまいQ2の正解を選べない事がありました。また、普通はQ1、Q2、Q3の順に回答に必要なキーワードが流れるのですがQ3の キーワードが先に流れてしまうとかなりリズムが崩れます。

この対策としては、すぐにマークをせずに正解と思える選択肢に指を置いておい て3つそろった時点で一気にマークするなどの工夫が必要です。

【今後の方針】
この結果が出るのは3週間後ですが、基本的にはこの解法を続けるつもりです。 それは先読みをした上でも、リスニングスキルを向上させることでリスニングスコアを上げていくことができると確信できたからです。


さて、ここまで徹底した先読みについて「それって、どうなんでしょう?英語学習者的に」というギモンってありませんか?私にはありました。ではナゼ私がこの解法に至ったのかについては、長くなるので別記事にて述べる予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
OJiMさん、はじめまして。
みかん星人と申します。
いつも、ひそかにROMらせていただいていたのですが、初コメントさせていただきます。

私自身も理系なこともあり、OJiMさんの理系的アプローチをいつも参考にさせていただいています。
実は、私はOJiMさんが最近課題とされている「完全先読み・先解き」派です。
前回9月受験時は、ようやくそれが実を結びL485という望外の結果で、今回も上手くいった…つもりです。

中村澄子先生は、著書に中でPart3が出来れば、Part4も出来るとおっしゃっているのですが、私は別物との認識です。(Part3の方が簡単です)

Part3と4の最大の違いは、Speakerが一人か二人ということですが、設問にも大きな違いがあると思います。
それは、
What does the man want to do?
のような問題は“the man”に注目して先読みを行います。
つまりは、男がしゃべる中に正解があるわけです。
当然ですし、OJiMさんもわかってらっしゃるとは思いますが、本番は「“男”は何したい?」と“男”にアクセントを置いて、先読みしてます。
「さぁ、しゃべるぞ、しゃべるぞ」と待ち構える、というよりは、むしろ、こちらから迎えに行くイメージでしょうか。

私は、これひとつイメージできるようになっただけで、スコアが跳ねました。

長くなりますが、もう少し書かせてください。
みかん星人
2009/12/01 00:21
申し訳ありません、続きです。
もし、ご迷惑でしたら削除していただいて結構です

もうひとつのポイントはPart3と4共通です。
『長い設問は、動詞を中心に記憶しておく』ということです。
不思議と、Part3と4の設問で同じ動詞で、後ろの目的語が違うという問題にはあったことがありません。(あるのかもしれませんが、ほとんどないのでしょう。)
もちろん、動詞がbe動詞のときは形容詞ということになりますね。
そこに注目した後は、設問全文読みますが、読み流しでOKです。

すみません、初コメなのに長くなりました。
OJiMさんとは、これからも方法論について理系同士意見交換をさせていただきたいと思ってますので、これからもよろしくお願いします。
みかん星人
2009/12/01 00:23
みかん星人さん、
初コメントありがとうございます!
確か、TEX加藤さんのコメント欄でお見受けするみかん星人さんですよね?私のブログまでお越しいただきありがとうございます。

さて、早々色んなテーマをたくさん提供していただきありがとうございます。
・Part3の方がPart4より簡単
・the manに着目して先読み
・動詞に注目して記憶
基本的に同意ですが、自分の意見を付け加えたい部分もいくつかあります。整理できたら記事にしてUPします。

これらのテーマでTOEIC好きが集まってディベートしたら面白そうでもあります。

ちなみに、長いコメント・・・・私は好きです。今後もどうぞよろしく!
OJiM
2009/12/01 00:56
監督、おはようございます。
設問の先読みは欠かしません。時間があれば3問中長い選択肢に目を通しています。即答できるように考えているのですが、これは読解力の欠如をうめるための策ですかね。
先解きは、ともすれば他の答えを聞き逃す恐れがあり危険ですね。そこで答えA〜Dを「どれみふぁ」として親指、人差し指、中指、薬指をあてがい、指に覚えさせています。たとえば細かいことを問う問題は一発勝負で聞き逃してしまわないように、指に覚えさせる。ピアノを遠い昔に習っていたことがあるので、これでいいかなです。英文が読み終わって、はじめてマークする、これってけっこういいですよ。指を動かすことで集中できるし、指運動というささやかな運動もできて。TOEICも音楽的なアプローチで(スケール)いきましょう。(ちょっと大げさ?)よろしければ自主練でなさってみてください。
あかつき ちか
2009/12/01 06:53
OJiMさん
いつも記事拝見しています。
私の場合は設問文のみの「部分先読み」です。Q1やQ3のような設問では先読みは相対的に重要度は低く、先読みしなくても会話をよく聞いていれば正解を選べる可能性は高いと考えますが、Q2のような設問は先読みしておくことが重要であると考えています。今回のテストではQ2のような細かい情報を問う設問への集中度が足りず、該当部分を聞き逃すということがありました。先読みの仕方(細かい設問にフォーカスをあてる)の練習をしようと思います。では近々また議論しましょう。
つんつるてん
2009/12/01 07:48
OJiMさん、お返事ありがとうございました。
私のようなblogを持っていない根無し草の名前もご存知いただいていたみたいで、光栄の限りです。
改めて、TEXさんのblogの影響力の大きさに、ただただ驚くばかりです。

最近、個人的にTOEICは「リスニング50%・リーディング50%」の試験ではなく、「リスニング40%・リーディング60%」の試験だと思っています。
つまり、圧倒的なリーディング力があれば、より完璧な「完全先読み」が可能になり、その分優位に立てると思います。
私自身、頭の中で整理しきっていないのですけど(苦笑)

記事の方、楽しみにしてますので、その記事を基に皆様方と知識を深めていけたらと思います。
みかん星人
2009/12/01 21:02
ちかさん、
ピアノの指使いで解答を記憶してるなんて素敵すぎます!カッコいいな〜。
私は残念ながらピアノが出来ないので、小学校で習ったソプラノリコーダーの指使いで解答を覚えるようなトレーニングを始めようと思います。

OJiM
2009/12/02 00:24
つんつるてんさん、
良い提案ですね〜。面白い意見ですね〜。こういうポイントを徹底的に話してみたいのですよ。
一言で先読みと言っても色んなバリエーションがあるので議論のしがいがあるんですよね。
次回、お会いしたときに話しましょう!

OJiM
2009/12/02 00:29
みかん星人さん、
私なんかブログ持ってますが、根無し草な人間なので仲間ですよ!

>「リスニング40%・リーディング60%」
全く同感です。
理系的な発想でいいですね〜。
自分の英語学習の内訳(ポートフォリオ)をどのように設計すれば最適化できるかというとても興味深いテーマですね。
じっくりと話してみたいものですね。
OJiM
2009/12/02 00:36
私も先読み派です!
Part1とPart2は、ちかさんと同じピアノ方式で解きます。でも、左手を使うのでヘ音記号のドレミファで、小指をド(A)、薬指をレ(B)と割り当てています。

Part3とPart4は先読みをしますが、みかん星人さんと同じように、Part3で話者が特定できるときはそこに意識をもっていきます。

且つ、Part1とPart2では、脳内ディクテーションで全文を文字に置き換えていますが、Part3とPart4でも、同じように全文を文字&映像に置き換える練習を今回は少ししました。

9月のTOEICは、Part3とPart4で4問落としてしまいましたが495点が出たので、一応この方法で私は定着しそうです。

ホントは、全文を集中して脳内ディクテ&映像化のあと、一気に設問を読んで解答したいのですけどね・・・

ちなみに私は、先読みの間のディレクションの音声は全く気になりません。公式で練習するうちに、気にならなくなりました。
マークは、印だけつけるつもりでいたのに気になっていちいち全部塗ってしまいました。
izumi
2009/12/02 00:40
izumiさん、
かなり実践的な先読みの方法論ですね!あ〜面白いなあ、こういうこだわりのある工夫って。

そして、
>且つ、Part1とPart2では、脳内ディクテーションで全文を文字に置き換えています
おおっ!この解き方はオリジナリティーが高いですよ。かなりの実力がないと導入できなさそうですが、出来れば効果抜群ですね!

こうしてみると、皆さん独自の工夫を凝らした解法をお持ちなんですよね。そんな皆さんに集まっていただいて、独自の解法のプレゼンテーションと意見交換を(真面目に)やったら相当面白いだろうなあと思います。

OJiM
2009/12/02 00:56
うふふ、OjiMさん、私も理系人間ですよ〜!
子供を産むときの陣痛の感覚&痛みも、意識もうろうとしながらグラフに書きました(笑)。

今となっては、せっかく大学・大学院と6年勉強した化学をすっかり忘れ、今は脳内のキャパのほとんどを英語に使ってしまっていますけどね!
izumi
2009/12/02 01:08
なんだあ〜、izumiさんも理系だったんですね!ブログからは英文学系な感じがしていたのですが、隠れ理系だったんですね!
これからはizumiちゃんと呼ばせていただきます。(意味不明)

>子供を産むときの陣痛の感覚&痛みも、意識もうろうとしながらグラフに書きました(笑)

笑っていいとこなのか迷いましたが、笑わせていただきました。(爆笑)

>今は脳内のキャパのほとんどを英語に使ってしまっていますけどね!
英語学習者にとってこれ以上の幸せなないですね。
OJiM
2009/12/02 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
完全先読み・先解きのメリデメ OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる