OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦略の転換(その3:最終回)

<<   作成日時 : 2009/10/28 23:46   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

1.Part5は全文読みをせず構文先行型アプローチで
2.Part3、4は完全先読み&完全先解きで
3.Part7は設問&選択肢の先読みで


今日は、新しく取り入れる解法の3についてです。
昨日まで述べたPart3、4、5では英語学習者としてのこだわり
が多少あったので、自分なりのスタイルを通してきましたが、
Part7に関しては、単純に効率の面から解法を決めていました。

【私が採用していた先読み無しの場合】
本文 → 設問・選択肢 → 本文 → 選択肢(4step)

【一般的に推奨されている先読み有りの場合】
設問・選択肢 → 本文 → 選択肢(3step)

これだけ比較すると先読み有りの方が効率的なように思え
ますが、「NOT問題」や「infer問題」の場合には、
設問・選択肢 → 本文 → 選択肢 → 本文 → 選択肢(5step)

となってしまって、結局は先読み無しの方が効率が良いと
思っていたのです。

でも、実際には全ての大問に「NOT問題」や「infer問題」が
あるわけでもないので、まず設問だけに目を通して、
選択肢を読んでから、本文にを読むパターンと、
いきなり本文に移るパターンに分けた
方が全体を通した
効率が良くなるのではないかと思ったのです。

詳細については、今後検証を重ねたうえで公開しますが、
結果によっては元の先読み無しに戻して、11月のテストに
の臨む可能性も有りです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも、お世話になります。

あのぅ。。。7Sについてですけど、「手紙」系統と、「記事」系統の、2系統で、本文が先か、設問文が先かを、分けるという作戦を取っているのですけど。。。
私は、「記事」系統の「記事」そのものが、キツくて、これを克服しないと、いけないので、ちょっとまだ、なんとも言えないのですが。ただ、「手紙」は、言いたいことを先に言うので。。。

どうでしょう?
Brighton1487
2009/10/29 01:22
10月のパート7は最高に難しかったです。
あのHさんも数分残し。
問題の質も転換を遂げています。
がんばってください。
冨井
2009/10/29 12:36
こんばんは。
ゴガクル事務局に問い合わせたところ、やはりブロックされていたようで、一部サイトは手動でUPされているそうです。
無事、あの記事がUPされました。ご心配おかけしました
みっつまむ
2009/10/29 17:51
Brighton1487さん、
>どうでしょう?
いいですね!
こういう自分なりの仮説にもとづいた作戦をブログで語るのって良いと思うんですよ。ぜひ、その作戦の検証結果を記事にしてください。

楽しみにしています。
OJiM
2009/10/29 22:47
富井記者、
>10月のパート7は最高に難しかったです。
そうみたいですね。それを体感できませんでしたが、いろんなブロガーの方達の記事で相当なレベルだったんだろうなと想像しています。

でも、風の便りによれば、富井記者はそんな難問題にもめげずに、ハイスコアの可能性有りと伺っています。

楽しみですね♪
OJiM
2009/10/29 22:50
みっつまむさん、
私も、昨日、ゴガクル事務局にトラックバックのブロックについて質問メールを投げておきましたが、ちゃんと反映されてましたね!良かった、良かった。
OJiM
2009/10/29 22:56
何とお優しいお方だ・・・T_T(笑)
みっつまむ
2009/10/29 23:25
私は全partを通して先読みすることができないのです。
時代の先読みもできない人間なので当然かもしれませんが(笑)
実際、9月の本番で、part3,4で先読みを少し意識したらListeningが40点下がりました。
なので、今後も、聴いてから設問→選択肢という流れで頑張るつもりです。

私が最初にTOEICを受けようと、初心者用の模試で勉強した時に
なぜ、Listeningなのに設問と選択肢がprintされているのだと思いました。
実生活で英語にふれる時に、ニュースや映画、なんでもいいのですが
聴いてから、へぇそうなんだと情報をprocessしますよね。
だから、TOEICでは、何でListening能力を測るのに、先に設問がわかってしまうのか?
と疑問に思ってました。今もそうです。
近い将来、TOEICの問題形式に変更があり
Part3,4の設問と選択肢がprintされず、読上げられるようになるんじゃないか?
と期待を込めて思ってます。
もしそうなったら、新TOEIC対応版が次々と出版されるんでしょうけどね。
先生方は大忙しでしょうね。
まぁ、こんなことはないかな。
試験時間が長くなりますしね・・・
仮に、Listeningの時間が長くなった分
Readingの時間が短くなり、でも、Totalでは現状通り約2時間なんてなったら
こりゃもぅ暴動が起きますね(笑)
Part7を1問30秒で解く本 なんて出そうですね。

Anyway,11月のTOEIC頑張ってくださいね。私も受けます。
el
2009/10/30 02:14
みっつまむさん、
どういたしまして(笑)
OJiM
2009/10/30 21:30
elさん、
>時代の先読みもできない人間なので当然かもしれませんが(笑)
深読みしすぎて、深みにはまるくらいなら、いっそのこと読まないほうが良いという意見もありますが^^;反省します。

>実生活で英語にふれる時に、ニュースや映画、なんでもいいのですが
聴いてから、へぇそうなんだと情報をprocessしますよね。

Part3はさておきPart4のような音声は、実生活でも聴く前から、設問で書かれているような情報は知っているケースがあります。頻出の空港でのフライトスケジュールの変更のアナウンスなどは、少なくとも聴く前から自分は空港にいて、フライトスケジュールの変更が流れるので出発ゲートや出発時刻に絞って聴くことがあります。

また、これも頻出の退職記念のパーティーのスピーチなんかは、実際に聴く前から、スピーチの内容が分かっていたりします。

なんの前提知識もなく、突然退職パーティーのスピーチを聴く状況というのは、どらえもんのどこでもドアを使った時にはありえますね。

なので、あながち音声が流れる前に、先読みをして場面や背景を頭に入れておくのは、不自然ではないと思いますが、どうでしょう?

OJiM
2009/10/30 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦略の転換(その3:最終回) OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる