OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の夜の夢

<<   作成日時 : 2009/08/08 17:45   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

今日の日経の特集記事で最近の若者のお酒の付き合い方を取り上げています。「深酔いするまで飲まない」、「職場の飲み会に参加しない」、「酒場よりも友人と家飲み」などが最近の傾向であり、飲み方も一層多様化しているとのことです。自分の周りを見渡してみると確かにそんな実感があります。


私はその真逆で、「ほぼ深酔いする」、「職場の飲み会はもちろん酒席の誘いは断らない」、「酒場が大好き」です。我ながら若くない飲み方だと思います。


酒場には酒場でしか出会えない人との交流があり、ネットや本では知りえない世界があります。昨晩は酒場の縁が積み重なって辿り着いたお店でささやかな祝い事がありました。祝い事といっても普段は出ないシャンパンを飲んで、客が一言「おめでとう」と言うだけなのです。あとはもう好きなお酒を飲んで、好きな事を話すだけ。


色んなお酒を飲みましたが、久々に飲んだスコッチが美味しかったなぁ。そして、まだ見ぬかの地に思いを馳せて、夢見心地の酒宴になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、違うカテゴリの?飲み会に参加する機会が続いていたのですが、その比較検証?により、TOEIC関係者?の飲み会が快適だったワケが判明しました。男性陣がいやらしくならないから、に尽きます(爆)。会話の中心が、英文法やら新刊の使い勝手やら、緑本ン十周だとかいう内容ですもんね…。また、そんな、健全すぎる?会を希望しておきます。監督風に?、“やはり、それぞれの飲みに、それぞれの哲学があるから”とでも定義しときますかね〜。(←意味不明?)
ルイズ
2009/08/09 12:44
ルイズさん、こんにちは。
>会話の中心が、英文法やら新刊の使い勝手やら、緑本ン十周だとかいう内容ですもんね…。
そういう飲み会、私も最近は参加してませんよ(笑)。多分自分が企画することも無いと思います。スミマセン。
OJiM
2009/08/09 15:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の夜の夢 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる