OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大矢英語の読み方講義の実況中継」 レビュー

<<   作成日時 : 2009/08/07 00:51   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 8

TOEIC、Part7の解答精度を上げるためには、英文を素早く正確に読み取るための、英文解釈の基礎技術、特に英語構文を正しく理解するための基本を学び直しています。

「大矢英語の読み方講義の実況中継」(大矢 復)


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


前回記事から約1ヶ月経過していますが、実際には読み始めてから一気読み。読んでいる途中から、目からウロコがボロボロと落ちました。誇張ではありません。本当に今まで知らずにいた事、間違って理解していた事が次々と判明して、ちょっとショックでした。つまり、ものすごく面白い本でした。

この本は、まず関係代名詞からスタートします。確かに、関係代名詞って苦手意識ってありますよね。(私だけ?)私も基本は分かっていますが、英文を読む時に引っかかるのです。そして、その次が過去分詞、現在分詞です。これも、基本は理解していますが迷いが生じる事があります。多くの英語学習者が苦手とする「関係代名詞」と「分詞」を最初に持ってきて講義形式で分かりやすく解説する編集方針だけでも私はこの本を気に入ってしまいました。

ところが、この本の真髄はその後から始まるのです。

副詞句・形容詞句」を読んで、まず1枚目のウロコが落ちるのです。

そして、「名詞句」、「what」、「that節」と読み進めていくうちにボロボロになりした。

何となく分かっていたけど、モヤモヤしていた事がスッキリしました。

追い討ちをかけるように「so that構文」を読んで、「えっ??」。

極め付きは、同等構文「as 〜as」の解説です。
自分が長年に渡って疑問に思っていた事が完全にスッキリしました。

最終章は、「分詞構文」です。完全に降参です。参りました。これまでいかに英文の構文を適当に理解していたのかを思い知らされました。

この本で気づいた事を知識としてではなく、スキルとして活かすためには、今後英文を読んでいくなかで繰り返し実践し、検証していく必要があります。

その結果として、英文読解のスピードと精度が向上させたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
英検準2級に中学2年で合格するための勉強方法
学校の先生さえ気がつかない間違った勉強法とは 英単語がどんどん覚えられる驚くべき... ...続きを見る
気になる電子ブック
2009/08/15 09:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大変ご無沙汰しております。
7月の関内のセミナーでご一緒させていただきました。
ご挨拶が1ヶ月以上遅れて申し訳ございません。
ご紹介されている著書早速購入したいと思います。
これかもちょくちょくお邪魔します。
今後ともよろしくお願いします。
Puhoo2009のブログにリンクさせていただきたいと
思います。宜しいでしょうか?
Puhoo 2009
2009/08/07 19:59
Puhoo 2009さん、
こちらこそ大変ご無沙汰しております。早いもので関内セミナーから1ヶ月がたってしまったんですね。
ブログのリンクは是非お願いします。私の方にも今から追加させていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

OJiM
2009/08/08 11:56
Ojimさん
お世話になります。
リンクの件、有難うございます。
大矢英語の読み方購入しました。
早速学習しています。
また、お会いできればと思っております。
今後ともよろしくお願いします。
Puhoo 2009
2009/08/08 15:03
Puhoo 2009さんのブログも発見できました。
毎日更新されているんですね!

よろしくお願いします。
OJiM
2009/08/08 17:53
OJiMさん、こんにちは!

関係代名詞って私も苦手なんですが、
ペーパーバックを読んでいると、こんなふうに使えばいいんだ! と思えるような文にいくつか出会って、ちょっと好きになりました。

関係代名詞とか分詞構文を使っている文は、なんていうか、すっきりしていて美しいなって感じることがあります。

こんなふうに読書を楽しめるのも、TOEICのおかげですね。
yuki
2009/08/09 15:10
yukiさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。やはり理論だけではなく実践を通して理解し身につけないといけないのですね。
実は、先日友人と(もちろん日本語で)会話していて、「疑問文」には必ず理由を答えなければいけないの?と変な事を言ってしまい恥をかいたことがあります。。
英文法どころか、基本的な言語能力にも弱点があるのではないかと心配する今日この頃です。
OJiM
2009/08/09 16:00
OJiMさん、始めまして。
先週この本を購入して早速勉強しておりますが本当に目からウロコ状態といいますか、いままであやふやだったところが霧が晴れるようにスッキリとします。まだ半分しかすすんでいませんが、これからの章も凄く楽しみです。

実はこの本を見つけたのがTOEIC関係のブログをグルグル回っている時だったので、あとでどこで見つけたのか判らなくなっていました。
今日ここで見たのを思い出し遅ればせながらお礼申し上げます。
素晴らしい本をご紹介くださってありがとうございました。
これをご縁にこれからもよろしくお願い致します。
E.Baby
2009/08/24 21:28
E.Babyさん、初コメントありがとうございます。私の推薦した本を気に入っていただけて嬉しいです。この本はいわゆるベストセラーではなく、英語学習者の間で話題として取り上げられることのない本ですが、読んでみると本当に鋭いことを分かりやすく解説していますね。

これを機会に当ブログにも遊びにきてください。E.Babyさんもブログを運営されていたら、訪問させていただきます。
OJiM
2009/08/25 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大矢英語の読み方講義の実況中継」 レビュー OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる