OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Part3,4の戦術に関する一考察

<<   作成日時 : 2009/07/23 00:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

次回のテストでは久しぶりにPart3と4の解き方を変えてみようかと検討しています。今の解き方はもう1年くらい続けてきたやり方なので、変えるのは久しぶりです。

Part3,4にはいわゆる先読みをする、しないという2つの戦術があります。

先読みするメリットは問題を先に読んで、先回りすることによって必要な情報を聞き漏らさなくすることです。その反面、忙しくなって意識が散漫になりリスニングに集中できないデメリットがあります。一方先読みしないやり方はリスニングに集中することで聞き取りの精度を上げられるというメリットがあり、デメリットとしてはキーワードを聞き漏らす、あるいは忘れてしまうということがあります。

これまで私は、中間的な方法で、「選択肢に曜日や月があるか無いか」だけを先読みして確認した後は、音が流れている間はリスニングに100%集中する方法を取っていました。曜日や月の選択肢が無い時には目を閉じて、音を聞き取る事に集中をしていました。そして、音声が終わると同時に、設問と選択肢を順番に読んでマークを付けています。

この方法は自分なりに試行錯誤を繰り返してたどり着いた、自分にとってのベストの方法であると信じきってもう1年くらい続けています。ただし、自分のリスニング力と、設問を読むリーディング力、及びそのバランスは1年前とは明らかに変わってきているので、今の自分にとってベストな戦術に変更をする必要性を感じています。

新戦術を詳細に分かりやすく解説するのは長くなりそうなので、別記事にしますが、大まかに言うと、「先読みの量を増やし、リスニングにかけていたパワーの一部を解法に割り当てる」というものです。

新戦術を導入するためには、もう少し実験をしてみる必要があります。また、テストまでの4日間で私の英語脳が戦術に慣れてくれるかどうかという問題もあります。テスト当日まで検証を続けたうえで、判断をしたいと思います。

(閑話休題)

記事を書いていて思いついたのですが、このテーマは正解が無く、TOEIC好きな人にとってはつい語りたくなるテーマなんですよね。意見の異なるTOEICカリスマ講師と、論客のTOEICブロガーを一同に集めて、パネルディスカッションでもやってくれたら、良いイベントになりそうですよね。私は有料でも見に行きたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私は逆の戦法です。先読みに使っていたパワーを、音声の聞き取り・理解・記憶に注ぎます。といっても、当日は不安なので先読み方式に変えるかもしれません(苦笑)。
eikenmaniac
2009/07/23 18:34
eikenmaniacさん、
そうですかぁ、逆の戦法ですか。
あ〜悩ましいです。この問題は考えれば考えるほど色んな視点で判断しなければならない深い問題だと思っています。自分がどんな視点で何をどう考えたのかが整理ついていませんが、いずれスッキリとした形で記事にしてみたいと思います。まあ、結果が付いてこないと意味ないですが・・。

OJiM
2009/07/23 21:50
初めまして、
以前からTEXさん、
あるいはトイッ子さんBlogから入り、
読ませて頂いております。

私も、Part3.4の作戦を検討中です。
表現をお借りしますと、
「先読みの重みを中で調整し、
 解法に掛けていたパワーの一部を
リスニングに割り当てる部分と、
 リスニングにかけていたパワーの一部を
解法に割り当てる部分に振り分け、
 試験中に、意識して、
 メリハリを付けられないか」です。

現在、これを整理中で、
次回これを新戦術として、
適用するつもりです。

p.s.リンク張らせて頂いて
宜しいでしょうか?
Brighton1487
2009/07/24 01:25
なるほど。ポリシーの違いかもしれないですね。音が100%聞けても間違えるのなら、私なら、さらに聞き取り能力(理解力・リテンション能力)を上げる方法を取ると思います。
eikenmaniac
2009/07/24 05:23
Brighton1487さん、
初コメントありがとうございます!
Part3,4の解き方というのは実に奥が深いなあと思います。Brighton1487の新戦術がどう適用され、どのような効果があったのか是非共有してください。

相互リンクさせてください。
今後ともよろしくお願いします。


OJiM
2009/07/24 07:33
eikenmaniacさん、再びコメントありがとうございます。

「聞き取れている!」と偉そうに書いてしまいましたが、細かいところまで聞き取れているのか、英語脳として聞き取れているかというと、そのレベルには達していないと思っています。なので聞き取り能力を高めるトレーニングは今のペースを維持していこうと思っています。
ただ、今出来ている聞き取っている範囲でもう少し正答の精度をあげられないかと考えあぐねています。
そのあたりの思考を整理して、また記事にして共有しえてみたいと考えています。
OJiM
2009/07/24 07:40
こんにちは。2回目のコメントになります。
このタイミングでどうかとは思いましたが、頑固な方とのことなので(笑)、影響はないだろうということで。

自分が前回の公開テストで採った戦術は、本記事に書かれている従来のOJiM方式とほぼ同じものでした。自分の場合は、更に、正解と思う時刻や曜日等が聞こえた時点で、該当する選択肢の所へ指を置くという原始的な手法を併せて採用しておりましたが(笑)。

いずれにしても、ご自身で書かれているように、やり方は人それぞれだと思いますので、新戦術がフィットすればいいですね。では、明日の御武運を祈っております。
積読亭
2009/07/25 14:40
積読亭さん、
2回目のコメントありがとうございます。
私の頑固な性格が図らずもブログを通じて明らかになってしまったついでに、公表しますが、「優柔不断」でもあるんですよ。

大体、大まかな戦術は決めたのですが、細かいところはどうしようか迷っています。

そして明日のテスト直前になって、「やっぱり・・」なんていうシナリオも描いています。

応援ありがとうございます。頑張ります!
OJiM
2009/07/25 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
Part3,4の戦術に関する一考察 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる