OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS 公式本のPart7を解いて分かってきた事

<<   作成日時 : 2009/05/06 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

公式問題集Vol.3に引き続いて、Vol.2 TEST1 Part7を時間を決めて解いてみました。

TEST1結果: 43/48

不正解の分析は以下の通り。

a)文脈や複数の情報を組み合わせて正解の情報を導き出せなかった。
 ⇒1問
b)本文中記述されている情報を見落とした。
 ⇒2問
c)問題文の解釈を勘違いしていた。
 ⇒1問
d)本文の英文を正確に把握できなかった。
 ⇒1問

5月1日の結果と合わせてこれで3セット解き終えたわけですが、ここまでで分かってきたことが2つあります。

1.「公式問題集の難易度のばらつきは少ない」
Vol.3ではそれぞれ4問、今回は5問が不正解だったわけですが、残りの3セットを同じように解き進めていっても不正解の数は変わらないと思います。また、公式本の難易度が公開テストと同一であると仮定して(その可能性は非常に高いのでしょうが)、今月末の結果もほとんど同じ結果になるのではと予想できます。また、このPart7で4、5問間違いというのはここ数回の公開テストでの結果とほぼ同じなのです。

2.「不正解の主な原因は語彙や読解速度ではなかった」
これまで公開テストの後でPart7を振り返ることもせず、また自宅でPart7を模試形式で解いたことがなかったので、Part7の課題は語彙力(言い換え問題)と読解速度にあるのではないかと漫然と考えていました。ただ今回の不正解の分析を見る限りは、それらだけが主要因ではないと言えそうです。もちろん語彙力や読解速度の向上が得点力UPの寄与するのは間違いないのですが、それとは別に自分の解き方にも課題があるのではないかという気づきがあったのです。

A)本文を読むときの情報の見落とし
B)問題文の読み違え
C)選択肢の読み違え


Part7はこれまで自分では本文が読めていると思い込んでいたのです。だから分析もしてこなかったし対策は特にしなくてもいいと思っていたのです。でも実は本文だけではく問題文や選択肢を含めて読めていなかったんですね。こんな事は当たり前かもしれませんが、私にとってはかなりの気づきなんです。

ではこれらに対する対策はあるのか?明快な答えにはなっていませんが、少なくとも自分にはこのような課題があるので注意をして読むという意識付けをするだけでもかなり違ってくるのではないかと思います。そしてA)についてはいくつかのアイデアを検証した上で記事で共有する予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公式本のPart7を解いて分かってきた事 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる