OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Meeting in English

<<   作成日時 : 2009/04/22 07:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

久々に英語で行われる会議に出席しました。出席したといっても、私はオブザーバの立場だったので、プレゼンテーションもコメントする機会もありませんでした。

延々3時間にも渡る会議でしたが、思った以上に英語が聞き取れませんでした。

会議は私が得意としている分野に関することなので、テーマに関する背景や専門用語に関する知識は十分にあります。基本的にはスライドを使っていたので文字や視覚的な情報もあります。そして、ほとんどの参加者に関するプロフィールを知っているので、コンテキストやその人のキャラクターから発言内容を推測することも十分できます。つまりリスニングには絶好の条件が整っていたはずです。

それなのに聞き取れなかったのです。

理由の1つは私が苦手としているインド英語、オーストラリア英語を話す人がいたこと。しかもかなり訛りのきつい英語でした。これはまあ、自分のリスニング能力の低さによるものなので仕方がないです。

そして、良い訳がましくなってきますが、日本人の話す強引な英語によって自分の英語思考を妨げられてしまったような気がしています。発音、文法は仕方がないとしても、語順がほぼ日本語。かろうじて第一文型だけが英語らしい語順という感じです。でも、何を言おうとしているのか分かってしまうんですよ。恐らくその人が発言している時は、英語脳ではなく、日本語脳で理解していたんだと思われます。つまり自分の脳が英語脳に切り替わりきれなかったのではないでしょうか。

そして、3つめの理由としては、自分が主体的に参加していないので、真剣に会話の流れを追いかけようとしていなかったのだと思います。いわゆる聞き流しているだけの状態。TOEICのPart2で脳が遊んでしまって、問題を聞きもらしてしまう状態と同じ現象だったのではないでしょうか。

どんな英語でも、どんな状況でもスラスラと英語が理解できるリスニング能力を身につけたいなと思った1日でした。

(おまけの話)
会議中、日本人の変な英語を聞き続けていると、自分の英語感覚までマヒしてしまいそうな気がしてしまい、一刻も早く公式本の音声ファイルを聞きいて脳にまとわりついている変な英語を洗い流したいなあと真剣に思っていました。ちょうど、焼肉屋にいって身体にまとわりついた焼肉の臭いや油を一刻も早くシャワーで洗い流したい、そんな感覚です。

そんな事を考えながら帰り支度をしていると、その日本語英語の人から、「軽くやってかない?」と飲みのお誘い電話が・・。私は躊躇することなく「Let's go !」と返事をしたのでした。

当然のごとくその日は公式本は出来ませんでしたが、アルコールが私の脳にまとわり付いていた変な英語をキレイサッパリ洗い流してくれたのでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Meeting in English OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる