OJiM's Diary rev2.01

アクセスカウンタ

zoom RSS Part1に出題されなさそうな単語

<<   作成日時 : 2008/12/20 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

英会話の先生の娘さんの歯が抜けたということで、
その後のことについて話をしました。
アメリカでは、歯が抜けると、The tooth fairyですよね。
抜けた歯を枕の下に置いておくと翌日、妖精がクオータコイン
に交換しておいてくれるというもの。

日本での習慣を伝えようとして、はたと困りました。
下の歯は屋根の上にだから、

throw it on the roof

地面に埋めるだから、、、、、分からん。

とりあえず、

dig a hole and then put it into
(地面を掘って、中に入れる)

と言っておきました。

埋める = bury [発音注意]

簡単で基本的な単語なんですが、出てこないですね。
まあ、埋めるってことは日常あまりないですが。
TOEICのPart1に地面に何かを埋めている男の写真とか
出題されたら怖いですね。

先生からは、なぜ日本人はそんなことするんだ?
と問われましたが、日本語でのうまく説明できませんて。

と、ここまで書いてきて、気づいたんですが、地面に埋める
のではなくて、床下に置くんでしたね。。

put it under floor









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
The tooth fairyですか!
昔、Berlitzでそのような事を聞いた事があります。

海外も日本もそうですが、由来が何かわからない文化がありますよね。あまり喋れなかった頃は、オリエンタルマジックだとか、それをやればリアルジャパニーズだとか、訳のわからない事を連発していました。それでも黙っているよりはよかったような気がします。先生も盛り上ったし(←本当か?)・・・。


Tommy
新東京都民
2008/12/21 04:35
Tommyさん

文化的なことって、普段話さないですもんね。
なので、英語で話せない部分を適当に端折って話し続けていると、つじつまが合わなくなったり、大変なことになったりします。。

OJiM
2008/12/21 14:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
Part1に出題されなさそうな単語 OJiM's Diary rev2.01 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる